進行形とは

チェックポイント まずはこれだけ覚える!

 

 

進行形は今まさにしている動作を表す!
I am playing the guitar.
私はギターを演奏しています
「〜しています」という意味になる!

 

進行形とは今まさにその動作をしているという様子を表すときに使う表現のことを言います。

 

まずは、進行形の中でもっとも一般的な現在進行形と現在形の違いを理解することが大切です。

 

これにより進行形が持つ意味が分かるようになります。

 

【現在形】
I study English.
私は英語を勉強します

 

【現在進行形】
I am studying English.
私は英語を勉強しています

 

一見、同じ意味に感じてしまう現在形と現在進行形ですが、実際にこれらが持つ意味は大きく異なります。

 

現在形は「英語を勉強します」という習慣的なことを表しています。

 

先週も英語を勉強しました、昨日も英語を勉強しました、今日もします、明日もします、週末もします・・・というように習慣的に英語を勉強しているというニュアンスです。

 

きっと英語の上達を目指して勉強しているのでしょう。

 

大事なことは、今この瞬間に英語を勉強しているかどうかは関係ないということです。

 

これが現在形です。

 

現在進行形では、今まさにこの瞬間に英語を勉強しているというニュアンスになります。

 

普段はまったく英語の勉強をしていないかもしれない、もう二度と英語の勉強をすることはないかもしれない、でも今この瞬間は英語の勉強をしていますという意味です。

 

このように今まさに何かをしている様子を表すのが現在進行形です。

 

進行形の作り方

 

基本的な型は、「主語+be動詞+動詞のing形」です。

 

We play soccer.
私たちはサッカーをします。(現在形)

 

We are playing soccer.
私たちはサッカーをしています。(現在進行形)

 

動詞を「be動詞+ing形」にすることで進行形を作ることができます。

 

上の例文の日本語訳のように今まさに「〜している」という訳になります。

 

進行形はbe動詞の時制を過去形に変えることで過去進行形を作ることもできます。

 

過去進行形はbe動詞を過去形にします。

 

We were playing soccer.
私たちはサッカーをしていました。(過去進行形)

 

また、「現在完了形+進行形」で現在完了進行形にすることも可能です。

 

進行形の否定文

 

進行形を用いた否定文は以下のようになります。

 

We are not playing soccer.
私たちはサッカーをしていません。

 

「be動詞+not+動詞のing形」を取り、「〜していません」という意味になります。

 

ing形の作り方

 

【パターン1】
動詞の原形にingを付けるパターン

 

stay→staying

 

【パターン2】
eで終わる動詞のパターン

 

eを省略してingを付ける

 

take→taking

 

【パターン3】
動詞の終わりがアクセントのある短母音+子音の場合

 

sit→sitting

 

この場合「i」がアクセントのある短母音です。

 

進行形にできない動詞

 

have
contain
belong to
remain
exist
resemble などなど

 

いわゆる状態や構成を表す動詞と言われるものです。

 

I have a car.
私は車を持っています。

 

この例文は現在形ながら現在進行形の意味を持っています。

 

その理由は、「have」は「〜を持っている」という状態を表す動詞だからです。

 

今も前も明日も持っているという状態を表しているという意味です。

 

続いて進行形にできない違うタイプの動詞を紹介します。

 

believe
want
like
love
know
hope
understand
forget
remember
hear
hate
smell
taste
see
feel などなど

 

いわゆる知覚や心理を表す動詞と言われるものです。

 

I believe you.
私はあなたを信じています。

 

この例文も現在形ながら「信じている」という現在進行形の意味を持っています。

 

このような知覚や心理を表す動詞も現在進行形にすることができません。

 

※例外的にできる場合もあります。

 

「状態や構成」、「知覚や心理」と言うとちょっと理解しづらいと思いますが安心してください。

 

簡単に言ってしまえば、「すぐに中断してすぐに再開できるか」を基準に考えれば問題ないということです。

 

I have a car.
私は車を持っています。

 

この状態をすぐに中断することも、中断後すぐに再開することもできないはずです。

 

車をすぐに売って、すぐに買い戻して・・・できないこともないかもしれませんが非現実的です。

 

I believe you.
私はあなたを信じています。

 

この状態もすぐに信じるのを止めて、また信じて・・・とできないこともないのですが、実際の人間の心はこんなにすぐに変わるものではないので現実的にはすぐに中断もすぐに再開もできないと判断できます。

 

「すぐに中断してすぐに再開できるか」、これによって進行形にできる動詞、できない動詞を判断することができます。

 

例外的な意味を持つ「die」の進行形

 

「死ぬ」という意味の動詞「die」の進行形は例外的な意味を持ちます。

 

My father is dying.
私の父は死にかかっています。

 

※「die」のing形は「dying」

 

「私の父は死んでいます」という意味にはならず、「死にかかっています」という意味になるので注意が必要です。

 

 

 

現在進行形は日常英会話で頻繁に使う表現です。

 

日常英会話では今まさに起きていることを話すことが多いからです。

 

 

 

次の講義はコチラ:現在完了形とは

 

英文法講義トップページへ戻る


サイト情報

英語教材ランキング