動名詞しか目的語に取れない動詞

不定詞しか目的語に取れない動詞があるのに対して、動名詞しか目的語に取れない動詞もあります。

 

今回はその動名詞しか目的語に取れない動詞について説明をしていきます。

 

これについてはルールで決まっているので1つずつ覚えていくしかありません。

 

consider Ving

 

【意味】Vすることを考慮する

 

We have to consider working for a long time.
私たちは長時間働くことを考慮しなければいけない。

 

 

enjoy Ving

 

【意味】Vすることを楽しむ

 

We really enjoyed playing tennis.
私たちはテニスをすることを本当に楽しみました。

 

 

practice Ving

 

【意味】Vすることを練習する

 

I should practice playing a guitar.
私はギターを演奏することを練習すべきだ。

 

 

finish Ving

 

【意味】Vすることを終える

 

I have to finish cleaning my room by 7.
7時までに部屋の掃除をすることを終えなければならない。

 

 

give up Ving

 

【意味】Vすることをあきらめる

 

Don't give up studying English.
英語を勉強することをあきらめてはいけません。

 

 

suggest Ving

 

【意味】Vすることを提案する

 

He suggested introducing new machine.
彼は新しい機械を導入することを提案した。

 

 

postpone Ving

 

【意味】Vすることを延期する

 

We can't postpone traveling abroad.
私たちは海外旅行を延期することができません。

 

同じく「延期する」という意味の「put off」も目的語に動名詞しか取ることができません。

 

We can't put off traveling abroad.

 

 

mind Ving

 

【意味】Vすることを気にする

 

Do you mind eating too much?
食すぎることを気にしますか?

 

 

avoid Ving

 

【意味】Vすることを避ける

 

I have to avoid taking a risk.
私はリスクをとることを避けなければならない。

 

 

admit Ving

 

【意味】Vすることを認める

 

You should admit having told a lie.
あなたは嘘を言ったことを認めるべきだ。

 

 

advise Ving

 

【意味】Vすることを助言する

 

I advised him watching it carefully.
私は彼にそれを注意深く見るように助言した。

 

 

deny Ving

 

【意味】Vすることを否定する

 

He denies joining the new project.
彼は新しいプロジェクトに参加することを否定している。

 

 

miss Ving

 

【意味】Vし損なう

 

I missed watching that movie.
私はあの映画を見損なった。

 

 

escape being Vpp

 

【意味】Vされるのを免れる

 

I escaped being hit by a car.
車にはねられるのを免れた。

 

※「escape」のみ「being Vpp」という受動態の意味で使われます。

 

 

以上が目的語に動名詞しか取れない動詞の代表的なものです。

 

これだけ覚えれば十分ではないでしょうか。

 

 

 

動詞を見た瞬間、反射的に動名詞が続くと思えることが理想です。

 

ですが、それよりも何度も上記の例文を音読して無意識で言える状態にしてしまうことが賢い方法です。

 

 

 

次の講義はコチラ:前置詞to+動名詞の形を取るもの

 

英文法講義トップページへ戻る


サイト情報

英語教材ランキング