一般動詞とは

チェックポイント まずはこれだけ覚える!

 

 

一般動詞はbe動詞以外の動詞!
「動作、状態、性質」を表す!

 

一般動詞とは、be動詞以外の普通の動詞のことを言います。

 

be動詞は「〜です、〜である、〜いる」という意味を持ち、形式上文章中に存在するだけの動詞でした。

 

それに対して一般動詞は、「動作、状態、性質」などを表す動詞で、文章中に強く意味付けをする役割をしています。

 

I ( ) English.

 

上の例文では動詞に当たる部分を空欄にしましたが、この空欄にどんな動詞がくるかによって文章の意味はまったく変わってきます。

 

それゆえに一般動詞は重要な役割をしていると言うことができます。

 

一般動詞で注意する点は三単現のSを付ける場合があるということです。

 

主語が三人称単数かつ現在形の文章の場合は動詞を活用し、語尾に「s(es)」を付けます。

 

He plays a guitar.
彼はギターを演奏します。

 

She goes to the restaurant.
彼女はレストランに行きます。

 

上記のように主語によって一般動詞に三単現のSを付加する必要があります。

 

また、動詞は時制の影響を受けて変化をします。

 

後の講義で詳しく説明をしていきますが、過去形であれば「動詞+ed」という形をとったり、現在完了形であれば「have+動詞の過去分詞形」という形を取ります。

 

それゆえに扱いが難しいのが一般動詞です。

 

一般動詞を使った否定文の作り方

 

動詞の前に「do not(don’t)」を置きます。

 

I don't like fish.
私は魚が好きではありません。

 

主語が三人称単数の場合は動詞の前に「does not(doesn’t)」を置いて動詞を原形にします。

 

He doesn't know that.
彼はそれを知りません。

 

一般動詞を使った疑問文の作り方

 

Doを文頭に置いて文末に「?」を付けます。

 

Do you play soccer?
サッカーをしますか?

 

主語が三人称単数の場合は「Does」を文頭に置いて文末に「?」を付け、動詞を原形に戻します。

 

Does Mike speak Japanese?
マイクは日本語を話しますか?

 

※「◯◯語を話せますか?」と尋ねる場合は、助動詞の「can」を使うのは一般的ではありません。

 

 

 

三人称単数の場合の一般動詞に三単現のSが付くということは要注意です。

 

細かいことですが、「s(es)」を忘れることは文法上不正解となります。

 

大学受験や英検の2次試験の面接などでは減点の対象になってしまいます。

 

しかしながら、実際の会話では三単現のSを言い忘れても通じないということはまずありません。

 

繰り返し何度も三単現のSを付け忘れると、教養がない人に思われてしまうリスクはあるので、仕事で英語を使う人は注意をしましょう。

 

 

 

次からは誰もが必ず頭を悩ます他動詞と自動詞について説明をしていきます。

 

まずは他動詞からです。

 

次の講義はコチラ:他動詞とは

 

英文法講義トップページへ戻る


サイト情報

英語教材ランキング