英語の数字表記のルール

書き言葉の英語の数字表記にはルールがあります。

 

非常に細かいルールで、かつ、書き言葉なので、仕事などでライティングスキルが必要な人のみが知っておいた方がよい知識です。

 

There are five people in the park.
公園には5人の人がいます。

 

この一文で注目をしてほしいのは、「five people」の「five」という数字表現です。

 

これは、

 

There are 5 people in the park.

 

のように数字で表記しないというルールになっています。

 

今度はこれと違うケースで、

 

There are 15 people in the park.
公園には15人の人がいます。

 

と書く場合があります。

 

さきほどは、数字で表記しないルールと説明をしましたが、この場合は数字で表記することになっています。

 

矛盾してますよね。

 

ですが、ここにはちゃんとしたルールがあるので、以上のことをルールとしてまとめあげます。

 

アメリカ英語でのルール

 

1〜9までの数字は文章中ではアルファベットで表記します。

 

10以上の数字は文章中では数字で表記をします。

 

イギリス英語のルール

 

1〜10までの数字は文章中ではアルファベットで表記します。

 

11以上の数字は文章中では数字で表記をします。

 

数字が文頭に来る場合の例外に注意!

 

文頭に10以上の数字が来る場合は、アルファベットで表記をします。

 

Fifteen people are in the park.

 

このように文頭に来る数字はアルファベットで表記しないといけません。

 

しかし、ちょっと文章として見づらかったり不自然な感じがあります。

 

ということでビジネスの英語では、文頭に数字表記は好んで使わないというのが一般的です。

 

上の例文であれば、

 

There are 15 people in the park.

 

というような表現を選ぶようにします。

 

以上が英語の数字表記のルールです。

 

実際にこのルールを知っている人も少なければ、このルールをしっかりと守っている人も多くはありません。

 

そのため、いろいろな場面で英語の数字表記は異なってしまっているため、何が正しいのか分からなくなってしまっているものです。

 

ですが、上に書いたものが英語の数字表記のルールとして正しいものです。

 

非常に細かいルールなので、仕事で英語を使う人のみ知っておいてください。

 

日常生活では不要な知識だと言えます。

 

ただし、知っていて損はありません。

 

最後にもう1つ、知っておくとちょっと得をする数字に関連する知識です。

 

英語、日本語問わず、数字を単体で表記すると以下のようになります。

 

1
10
100
1,000
10,000
100,000
1,000,000
10,000,000
100,000,000
1,000,000,000

 

なぜゼロ3つごとに「,」が入るのか、日本人の場合は理解しづらいと思います。

 

むしろゼロ3つごとに「,」を入れることで混乱をしてしまうようにも感じます。

 

これは英語の数字のルールから来ています。

 

日本語はゼロ4つ、1万を区切りにします。

 

1
10
100
1000
■ここが区切り
1万
10万
100万
1000万
■ここが区切り
1億
10億
100億
1000億
■ここが区切り
1兆

10兆
100兆
1000兆
・・・

 

このように単位が上がっていきます。

 

それに対して英語はゼロ3つ、1000を区切りにします。

 

1
10
100
■ここが区切り
one thousand
ten thousand
one hundred thousand
■ここが区切り
one million=100万
ten million
one hundred million
■ここが区切り
one billion=10億
ten billion
one hundred billion
■ここが区切り

one trillion=1兆
・・・

 

つまりはゼロ3つ、1000を区切りで単位が上がっていく英語ゆえにゼロ3つごとに「,」を挿入することで数字を見やすくしているわけです。

 

ちなみにビジネス英語のメールなどでは、

 

one thousand=1K
one million=1M
one billion=1B
one trillion=1T

 

という省略形も使ったりします。

 

 

 

次は「アメリカでは会社名を動詞として使う」というマニアックな知識について説明をしていきます。

 

英文法講義トップページへ戻る


サイト情報

英語教材ランキング