過去完了形とは

チェックポイント まずはこれだけ覚える!

 

 

過去完了形は過去のとある時点よりも前からはじまり過去のとある時点までに起きていたことを表す!
「had+Vpp」という形が過去完了形!
「完了、継続、経験」の3つの意味がある!

 

過去完了形とは過去とそれよりも前のことを表すときに使う表現です。

 

現在完了形と同じく完了・経験・継続の3つの意味があります。

 

現在完了形は「have+Vpp」だったのに対して、過去完了形では「had+Vpp」という形を取ります。

 

単純に「have」を過去形の「had」に変えたものが過去完了形というわけです。

 

主語よって形が変わることなく、いつも「had」なので現在完了形よりも神経を使う必要はありません。

 

過去完了形では、「過去のとある時点よりも前からはじまり過去のとある時点までに起きていた」というニュアンスを意識をすることが重要です。

 

「過去のとある時点から現在に続く」という現在完了形の時制を1つ古くしたイメージです。

 

それではさっそく例文を出していきます。

 

完了の意味の過去完了形

 

I had already had a dinner.
すでに夕食を食べてしまっていた
(完了の意味)

 

過去のとある時点よりも前に夕食を食べはじめて、過去のとある時点までにすでに夕食を食べ終えていた、そして過去のとある時点で夕食を食べ終えた状態にあるというニュアンスです。

 

経験の意味の過去完了形

 

I had been there when I was a university student.
大学生のころ、そこへ行ったことがあった
(経験の意味)

 

大学生だった過去のとある時点より前にそこに行ったことがあり、大学生だった過去のとある時点でそこに行った経験を持っているというニュアンスです。

 

継続の意味の過去完了形

 

I had been 20 years old till last month.
先月まで20歳だった
(継続の意味)

 

先月という過去のとある時点までずっと20歳であり、過去のとある時点である先月の終わりでも20歳であったというニュアンスになります。

 

続いて否定文と疑問文の作り方についてです。

 

過去完了形の否定文

 

否定文は「had not Vpp」もしくは「hadn't Vpp」となります。

 

I hadn't been there when I was a university student.
大学生のころ、そこへ行ったことがなかった

 

過去完了形の疑問文

 

疑問文は文頭に「Had」がきて文末に「?」が付きます。

 

Had you been there by then?
その時までに、あなたはそこへ行ったことがありましたか?

 

否定文と疑問文ともに日本語訳を見てのとおり、日本語でも聞き慣れない言い回しなので過去完了形の否定文と疑問文は使用頻度が高くないと言えます。

 

過去完了形の短縮形

 

I had→I'd

 

You had→You'd

 

We had→We'd

 

He had→He'd

 

She had→She'd

 

ただし否定形の場合のみ注意が必要です。

 

【多数派】
I hadn't had a dinner.

 

【少数派】
I'd not had a dinner.

 

「I'd」ではなく「hadn't」の短縮形を優先させましょう。

 

 

 

過去完了形の意味は複雑で理解しがたいです。

 

ですが、私の経験では日常英会話で頻繁に使う表現ではありません。

 

正解ではありませんが、普通に過去形で話しても通じてしまうものです。

 

 

 

次の講義はコチラ:未来完了形とは

 

英文法講義トップページへ戻る


サイト情報

英語教材ランキング