第2文型SVCとは

チェックポイント まずはこれだけ覚える!

 

 

第2文型はSVC!
「S=C」の関係が成立し、「SはCである」「SはCになる」という意味を持つ!

 

〜目次〜

 

第2文型とは

 

第2文型は、SVCの形を取り、「SはCである」「SはCになる」という意味を持ちます。

S(subject)=主語

 

V(verb)=述語(動詞)

 

C(complement)=補語(名詞または形容詞)

 

SVのみで終わり、単なる動作を表す第1文型に対して、Cが必要になり、「SはCである」「SはCになる」という意味を持つのが第2文型です。

 

第2文型について例文を用いて解説していきます。

 

第2文型SVCのCは、以下の例文のように名詞または形容詞となります。

 

He is a student.
彼は学生です。
(C=名詞のバージョン)

 

She remains neutral.
彼女は中立のままです。
(C=形容詞のバージョン)

 

この2つの例文の意味を考えると、「He=a student」、「She=neutral」という関係が成立しています。

 

このように、第2文型では「S=C」の関係が成立します。

 

これが第2文型の特徴です。

 

単なる動作を表した第1文型に対して、「SはCである」「SはCになる」というように単なる状態を表すのが第2文型です。

 

 

第2文型で用いられる動詞

 

第2文型SVCは「SはCである」「SはCになる」という意味を持つため、この意味にそった動詞のみが使われます。

 

そして、第2文型で使われる動詞は以下の4種類に分類されます。

  1. 状態を表す動詞「〜である」
  2.  

  3. 状態の変化を表す動詞「〜になる」
  4.  

  5. 外見を表す動詞「〜に見える」
  6.  

  7. 知覚動詞「〜に感じる」

 

これらについて、順番に説明していきます。

 

 

状態を表す動詞「〜である」

 

be
lie
keep
continue
stay
remain
hold など

 

I am Ken.
私はケンです。

 

He stays young.
彼は若いままです。

 

日本語として適切な訳を記述しましたが、「私はケンである」「彼は若いままである」との意味のとおり、上記は「〜である」という状態を表す動詞になります。

 

「I=Ken」「He=young」というように「S=C」の関係が成立しています。

 

 

状態の変化を表す動詞「〜になる」

 

become
get
grow
make
come
turn
go
run など

 

He became a doctor.
彼は医者になりました。

 

We are getting orlder day by day.
私たちは日に日に年をとっていきます。

 

「医者になる」「年配者になる」という意味のとおり、これらは「〜になる」という状態の変化を表す動詞です。

 

「He=a doctor」「We=orlder」というように「S=C」の関係が成立しています。

 

 

外見を表す動詞「〜に見える」

 

look
seem
appear など

 

It looks beautiful.
それは美しく見えます。

 

My boss seemed surprised by my behavior.
上司は私の行いに驚いたようでした。

 

「美しく見える」「驚いたように見える」という意味のとおり、これらは「〜に見える」という外見を表す動詞です。

 

「It=beautiful」「My bosse=surprised」というように「S=C」の関係が成立しています。

 

 

知覚動詞「〜に感じる」

 

sound
feel
taste
smell など

 

This vacuum cleaner sounds noisy.
この掃除機はうるさく聞こえます。

 

I feel bad.
私は気分が悪いです。

 

「うるさく感じる」「気分が悪く感じる」という意味のとおり、これらは「〜に感じる」という知覚を表す動詞です。

 

「This vacuum cleaner=noisy」「I=bad」というように「S=C」の関係が成立しています。

 

 

ここで紹介したすべての動詞に言えることですが、第2文型では「S=C」の関係が成立します。

 

そして、誤解を恐れず言ってしまえば、すべて「SはCだ」と考えれば意味が理解できてしまいます。

 

 

 

次の講義はコチラ:第3文型SVOとは

 

英文法講義トップページへ戻る


サイト情報

英語教材ランキング