第1文型SVとは

チェックポイント まずはこれだけ覚える!

 

 

第1文型はSV!
Vは自動詞しかダメ!

 

英語には基本の5文型というものがあります。

 

まずはその第1文型にあたる「S V」から解説をしていきます。

 

He laughed.
彼は笑いました。

 

この文は第1文型です。

 

主語を表す「S」と述語(動詞)を表す「V」のみで文章ができています。

 

意味の薄い味気ない文章に感じますが、つまりは単なる動作を表したのが第1文型というわけです。

 

ちなみに主語「S」は「subject」、述語「V」は「verb」の略で、ともにその頭文字を取っています。

 

第1文型はもっとも簡単な作りですが、注意する点が1つだけあります。

 

それは動詞で文章が終わっていて、その直後に目的語がないということです。

 

つまり、第1文型の動詞は自動詞ということになります。

 

動詞と目的語がセットではないと文章が成立しない他動詞は第1文型を取ることができません。

 

動詞の直後に目的語がないのが第1文型ということです。

 

以下の文は見た目としては第1文型には見えませんが、これも第1文型です。

 

He runs fast.
彼は速く走ります。

 

自動詞「run」の直後に来ているのは副詞「fast」であり、これは目的語ではありません。

 

動詞の後に単語が続いているので第1文型には見えないのですが、このような形でも目的語が動詞の直後にないのであれば第1文型と言えます。

 

実際に第1文型では「SV」のみで使用することは少なく、多くの場合は副詞や副詞句(複数の語句で副詞の意味をなす)が付随します。

 

 

 

5つの文型の中で基礎となるのがこの第1文型です。

 

目的語をともなわない自動詞で単なる動作を表したものが第1文型であると覚えておきましょう。

 

 

 

次の講義はコチラ:第2文型SVCとは

 

英文法講義トップページへ戻る


サイト情報

英語教材ランキング