SVOtoVの不定詞とは

ここではSVOtoVの不定詞というものを説明していきます。

 

まずは例文からです。

 

I advised him to study English.
私は彼に英語を勉強するように助言した。

 

S=主語「I」
V=動詞「advised」
O=目的語「him」

 

上の例文には不定詞「to study English」が含まれています。

 

しかし、通常の不定詞と異なることがあります。

 

それは日本語訳を見ていただくと分かるのですが、「to study English」の主語にあたる部分が文章の主語の「I」ではなく、文章の中の目的語にあたる「him」になっています。

 

不定詞が表す「英語を勉強する」のは「彼」なわけです。

 

通常の不定詞では、

 

I decided to quit smoking.
私はタバコを止めることを決意しました。

 

このように不定詞「to quit smoking」の主語は文章の主語「I」になります。

 

これが先ほど出した例文との違いです。

 

このように文章中の主語と不定詞の主語が異なるSVOtoVの形を取る不定詞というものがあります。

 

この形を取る動詞は決まっているので、代表的なものを例文とともに紹介します。

 

allow

 

allow O to V
OがVするのを許す

 

I allow you to enter this building.
あなたがこの建物に入ることを許可します。

 

ask

 

ask O to V
OにVするように頼む

 

I ask you to clean my room.
あなたに部屋を掃除してもらうよう頼みます。

 

force

 

force O to V
OがVするように強いる

 

I force you to work hard.
あなたが一生懸命働くように強いる。

 

tell

 

tell O to V
OにVするように言う

 

I told you to study hard.
あなたに一生懸命勉強するように言った。

 

want

 

want O to V
OにVしてほしい

 

I want her to love me more.
彼女にもっと愛してほしい。

 

expect

 

expect O to V
OがVすることを期待する

 

We expect our new manager to solve the problem.
私たちは新しい課長がその問題を解決することを期待している。

 

 

persuade

 

persuade O to V
OがVするように説得する

 

I persuaded her to change her lifestyle.
私は彼女にライフスタイルを変えるよう説得をした。

 

 

上記以外にも同じくSVOtoVの形を取る動詞として、

 

・advise(助言する)
・require(要求する)
・permit(許可する)
・encourage(勇気づける)
・determine(決心させる)
・enable(可能にする)
・urge(促す)

 

などもあり、これらが代表的なよく使うSVOtoVの形を取る動詞です。

 

SVOtoVの形を取る動詞の例外「help」

 

「手伝う、助ける」という意味の動詞「help」もSVOtoVの形を取りますが、「to」が省略されるケースが多くあります。

 

This new technology helps you work more efficiently.
この新しい技術はあなたがより効率的に仕事をすることを手助けします。

 

このように「help」に限って「to」が省略されるケースがあり、大学受験などでよく狙われる問題になります。

 

 

 

SVOtoVの形をとる動詞は決まっています。

 

上の例で出した動詞と「to V」という不定詞が同じ文章にあれば直感的にSVOtoVの文章だと見抜き意味を理解するようにしましょう。

 

 

 

次の講義はコチラ:不定詞の慣用表現

 

英文法講義トップページへ戻る


サイト情報

英語教材ランキング