第5文型(SVOC)の受動態

チェックポイント まずはこれだけ覚える!

 

 

第5文型「SVOC」の受動態は、補語Cの位置に注意する!
新主語につられず動詞のうしろに残る!

 

〜目次〜

 

第5文型SVOCの受動態

 

SVOCの形を取る第5文型の受動態の作り方について解説していきます。

 

以下の例文は、「SVOC」の形を取る第5文型です。

 

We call him superman.
私たちは彼をスーパーマンと呼びます。

 

「O:him」=「C:superman」という関係が成立するのが第5文型の特徴です。

 

この文章を受動態に書き換えると、以下のようになります。

 

He is called superman by us.
彼は私たちにスーパーマンと呼ばれます。

 

第5文型の文章を受動態に書き換えるとき、「補語C」の位置に注意が必要です。

 

「補語C:superman」は「新主語:he」につられて前に出ることはなく、動詞のうしろに残ります。

 

もう1つ例を出しておきます。

 

I painted this car black.
私はこの車を黒色に塗りました。

 

この文章を受動態に書き換えます。

 

This car was painted black by me.
この車は私によって黒色に塗り替えられました。

 

「補語C:black」の位置に注意をしてください。

 

「目的語O:this car」が新主語になり、「補語C:black」は文章のうしろに残ります。

 

ここでは、第5文章の受動態の基本として、補語Cが名詞または形容詞の場合についてまずは説明しました。

 

続いて、補語Cが不定詞や分詞の場合について説明していきます。

 

 

補語Cが不定詞・分詞の場合

 

「補語C」が不定詞の第5文型の場合、受動態は以下のように書き換えを行います。

 

Our teacher advised me to study English.
先生は英語を勉強するようにと私に助言しました。

 

I was advised by our teacher to study English.
私は英語を勉強するようにと先生に助言をされました。

 

上記のような語順となります。

 

「補語C」が分詞の第5文型の場合、受動態は以下のように書き換えを行います。

 

My girlfriend always keeps me waiting.
彼女はいつも私を待たせます。

 

I am always kept waiting by my girlfriend.
私はいつも彼女に待たされます。

 

 

第4文型SVOOの受動態との違い

 

最後に、第4文型SVOOの受動態との違いについて補足説明をしておきます。

 

先ほど出した例文にもう一度戻ります。

 

【第5文型SVOC】
We call him superman.

 

以下は同じ動詞「call」を用いた第4文型の文章です。

 

【第4文型SVOO】
We call him a taxi.

 

動詞に続いて名詞が2つ並ぶことが共通しているため間違いやすいのですが、第5文型SVOCでは「彼スーパーマンと呼ぶ」という意味になります。

 

第4文型SVOOでは「彼タクシーを呼ぶ」という意味になります。

 

単語の並びは似ていても、このように文章としての意味は全く異なるため、受動態にすると、以下のように違う形になります。

 

【第5文型SVOCの受動態】
He is called superman by us.

 

【第4文型SVOOの受動態】
A taxi is called for him by us.

 

なお、第4文型を受動態にするとき、1つ目の目的語に当たる「him」を主語にした受動態は意味がおかしくなるので、受動態にすることができません。

 

 

 

次の講義はコチラ:進行形、完了形、助動詞を含む受動態

 

英文法講義トップページへ戻る


サイト情報

英語教材ランキング