「助動詞 have Vpp」が表す意味とは

「助動詞 have Vpp」という形を用いることで、現在から過去のことを振り返っての推量や、後悔を表現することができます。

 

このように「助動詞 have Vpp」の形は、「過去に対する推量」と「過去に対する後悔」の2つに分類できるので、それぞれの助動詞について順番に説明をしていきます。

 

まずは「過去に対する推量」からです。

 

cannot have Vpp

 

【日本語訳】
Vしたはずがない

 

I cannot have told that.
私はそんなことを言ったはずがない。

 

ここでの「can」は可能性の意味です。

 

過去のできごとを振り返り、それを否定する意見を述べる表現です。

 

「言ったはずがない」という意見であり、本当に言っていないかどうかは分かりません。

 

もちろん「cannot」の代わりに「can't」という短縮形を使うこともできます。

 

could have Vpp

 

【日本語訳】
Vしたのかもしれない

 

I could have lost my key.
私は鍵をなくしたのかもしれない。

 

ここでの「could」は可能性や推量の意味です。

 

過去を振り返り、それに対して自分がしたのかもしれないという意見を述べる表現です。

 

「なくしたのかもしれない」という意見であり、本当になくしたかどうかは分かりません。

 

この形では「can」ではなく、必ず「could」を使います。

 

may have Vpp

 

【日本語訳】
Vしたのかもしれない

 

I may have helped her.
私は彼女を助けたのかもしれない。

 

先ほど説明をした「could have Vpp」と同じ意味で、過去を振り返り、それに対して自分がしたのかもしれないという意見を述べる表現です。

 

「助けたのかもしれない」という意見であり、助けたわけではありませんし、助けようとしていたかも分かりません。

 

「may」の代わりに「might」を使うこともでき、この場合も意味は同じになります。

 

must have Vpp

 

【日本語訳】
Vしたに違いない

 

I must have helped her.
私は彼女を助けたに違いない。

 

こちらも過去を振り返り、したに違いないと思うが実際には現実のことではないというニュアンスがあります。

 

 

続いて、「過去に対する後悔」です。

 

need not have Vpp

 

【日本語訳】
Vする必要がなかった(だけどしてしまった)

 

I need not have bought that.
私はそれを買う必要がなかった(だけど買ってしまった)。

 

過去を振り返り、する必要がなかった、だけどしてしまったという後悔の思いを表現します。

 

should have Vpp

 

【日本語訳】
Vするべきだった(だけどしなかった)

 

I should have bought that.
私はそれを買うべきだった(だけど買わなかった)。

 

するべきだった、だけどしなかったという後悔の思いを表現することができます。

 

「should have Vpp」とほぼ同じ意味として、「ought to have Vpp」を使うこともできます。

 

should not have Vpp

 

【日本語訳】
Vするべきではなかった(だけどしてしまった)

 

I should not have bought that.
私はそれを買うべきではなかった(だけど買ってしまった)。

 

先ほど説明をした「should have Vpp」の否定形です。

 

するべきではなかった、だけどしてしまったという後悔の思いがあります。

 

「should not have Vpp」とほぼ同じ意味として、「ought not to have Vpp」を使うこともできます。

 

「not」の位置には注意が必要です。

 

 

 

これらは微妙なニュアンスを伝えるときに必要になる表現です。

 

丸暗記をしておくと日常の会話の中で使えるので、まずは丸暗記から入りましょう。

 

 

 

次の講義はコチラ:受動態とは?第3文型(SVO)の

 

英文法講義トップページへ戻る


サイト情報

英語教材ランキング