強調のdoとは

チェックポイント まずはこれだけ覚える!

 

 

「do V」で「本気で〜する、すごく〜する」という強調の意味!
動詞を強調する働きがある!

 

〜目次〜

 

強調の「do」とは

 

助動詞としてお馴染みの「do」は、強調の働きとして使用することがあります。

 

I do want to get the job.
私は本気でその仕事につきたいです。

 

上の例文を見ると、1つの文章中に動詞の「do」と「want」があり、文法的に間違いかのように見えます。

 

しかし、これで文法として正解です。

 

上の例文では、「do」が助動詞で「want」が動詞です。

 

そして、「do V」という形で、「本気で〜する、すごく〜する」というような強調の意味になります。

 

強調の「do」には、「do」の直後にくる動詞を強調する働きがあります。

 

「do」は助動詞なので、そのうしろにくる動詞「V」は必ず原形になります。

 

そして、強調の「do」は主語によって変化します。

 

通常、「can」や「will」などの助動詞は主語によって変化することはありません。

 

そのため、「do」は特殊な扱いとなります。

 

He does want to get the job.
彼は本気でその仕事につきたいです。

 

このように主語の人称に合わせて「do」が「does」に変化します。

 

 

強調の「do」の過去形

 

強調の「do」を過去形で使用する場合は、「do」を過去時制の「did」に変化させます。

 

I did want to get the job.
私は本気でその仕事につきたかった。

 

上の例文のように、過去形の強調の意味になります。

 

 

強調の「do」の命令文

 

強調の「do」は以下のように命令文でも用いることができます。

 

Do be quiet.
どうか静かにしなさい!

 

Do clean your room.
部屋を掃除しなさい!

 

日本語訳は場面に応じてのニュアンスを反映させたものになり、命令文をさらに強くする意味となります。

 

 

発音時の注意点

 

I do want to get the job.

 

強調の「do」を用いた文章で強く発音するのは「do」です。

 

強調の「do」は強く発音をする、これがルールです。

 

 

強調の「do」の簡単な代用

 

ここで説明した強調の助動詞「do」は、ネイティブスピーカーの会話の中でよく耳にします。

 

特に、海外のスポーツ選手のインタビューなどでよく耳にします。

 

意識的に使うことができれば、会話に感情を乗せて味を出すことができる表現です。

 

そのため、私はけっこうな頻度で使用しています。

 

しかし、私もはじめは使い慣れませんでした。

 

そこで、強調の「do」が使い慣れないうちは、その代用として「really」を使用しておきましょう。

 

I really want to get the job.

 

この場合も強調の「do」を用いたのと同じ意味になります。

 

 

 

次の講義はコチラ:「助動詞 have Vpp」が表す意味とは

 

英文法講義トップページへ戻る


サイト情報

英語教材ランキング