文法を理屈レベルから反射レベルにする

文法講義として、これまで事細かに英文法について解説をしてきました。

 

ノンネイティブの日本人が英語を学ぶにあたって文法を学ぶことは大切なことだと私は思っています。

 

この文法講義の内容を読んで学習し、理解していただけたのであれば幸いです。

 

しかし、ただ文法を理解しただけではそれはまだ理屈レベルでの理解になります。

 

使える英語を身につけたいのであれば、理屈レベルの理解から反射レベルの理解にする必要があります。

 

反射レベルとは、考えることなく英文法を正しく使いこなせる状態と定義をしたいです。

 

言い換えるのなら、無意識にでも文法を操ることができるネイティブスピーカーがこのレベルだと言えます。

 

私たち日本人にとっての日本語を考えれば、反射レベルがどんなものかをイメージしやすいです。

 

反射レベルで文法を理解できるようになると、考えることなく自分の思ったことをスムーズに英語として表現できるようになります。

 

頭の中で無意識にも正しい文法に従って瞬時に英文を構築できるようになります。

 

しかし、これはあくまでも理想です。

 

私も正直このレベルではありません。

 

このレベルに達して無意識でも使える文法と、いまだに考えないと正確な表現ができない文法とがあります。

 

考えないと使えない文法は、話すにしても書くにしても聞くにしても理解が遅れます。

 

多少ではありますが、コミュニケーション上の障害になるものです。

 

受験のために理屈レベルで文法を学んだだけの人はこの典型ではないでしょうか。

 

文法を理解しているので机上のテストではできても、いざ実際の会話となれば何もできない人が多いものです。

 

すでに英文法は完全に理解したとの自負があるのならば、次のステップとして無意識でも英文法を使いこなせる反射レベルを目指しましょう。

 

これにはやはり、繰り返しが必要です。

 

そして、相当な時間がかかります。

 

理屈レベルで何度も繰り返すことによって、それが反射レベルへ移行していきます。

 

反射レベルまで行くことができれば英文法に関してはネイティブレベルと言えます。

 

 

 

反射レベルの英文法理解まで達しなくても英語を話すことはできるようになります。

 

このような2つの理解レベルがあるということを知ってほしいと思い、今回この記事を書きました。

 

自分がまだ反射レベルで英文法を理解できていないので書くにあたって少々心苦しい思いがありました(泣)

 

 

 

次の講義はコチラ:文法の効果的な学習法

 

英文法講義トップページへ戻る


サイト情報

英語教材ランキング