比較級や最上級を強める語句について

これまでさんざん比較級や最上級について学習をしてきました。

 

今回はそれらを強調する語句というものについて解説をしていきます。

 

特に知らなくても問題はないかもしれませんが、どういうものかを知らない限り実際の会話などで出くわしても理解できないものなので知るようにしておきましょう。

 

さっそく例文を出していきます。

 

This story is much more interesting than that one.
この物語はあの物語よりだいぶ面白いです。

 

今まで学習してきた比較級であれば、

 

This story is more interesting than that one.
この物語はあの物語より面白いです。

 

という英文でしたよね。

 

通常の比較級の文に「much」を入れることで比較級を強調することができます。

 

この「much」は「だいぶ」という意味を加える働きがあります。

 

比較級で使うこのような強調の語句は、以下のものがあります。

 

比較級を強める語句と意味一覧

語句意味
muchだいぶ
by farずっと
evenいっそう
stillいっそう
a lotだいぶ

 

使い方は、上の文章の「much」をこれらの語句に入れ替えて、日本語訳の「だいぶ」の部分を入れ替えたものの日本語訳に変えてください。

 

次に最上級の強調についてです。

 

This place is by far the most famous in our city.
この場所は私たちの街でずば抜けて有名な場所です。

 

※famousはfamousestとはなりません。

 

その理由についてはコチラを参考にしてください。

 

上述した比較級と同じ場所に強調の語句を挿入します。

 

最上級の場合は使用できる語句と意味が少し異なります。

 

最上級を強める語句と意味一覧

語句意味
by farずば抜けて はるかに
muchずば抜けて はるかに

 

最上級では、「by far」と「much」をこのような意味で使うのが一般的です。

 

これらの語句を最上級の文中に挿入して意味を加えてみましょう。

 

 

 

あくまでも強調のためのテクニックであって、比較級と最上級のみを知っていれば十分だと言えます。

 

余裕があればこれらも覚えて、英語上級者になりましょう。

 

 

 

次の講義はコチラ:原級as〜asの使い方

 

英文法講義トップページへ戻る


サイト情報

英語教材ランキング