感嘆文とは

チェックポイント まずはこれだけ覚える!

 

 

感嘆文は感情をストレートに表す文章!
What a nice day!
「なんてすてきな日なの!」
喜び、悲しみ、驚きなどの感情を表す!

 

感嘆文(かんたんぶん)とは、喜び、悲しみ、驚きなどの感情をストレートに表すための表現です。

 

そもそも「感嘆」という言葉に馴染みがないので、まずは「感嘆」という意味を辞書で見てみます。

 

感嘆・・・感心してほめたたえること、感じ入ること

 

このような意味になっています。

 

そして、感嘆文は英語では2つのパターンがあります。

 

パターン1 名詞を強調する場合

 

■パターン1の公式
What (a) 形容詞 名詞 (主語 述語)!

 

※(主語 述語)は省略可能

 

What a nice camera!
なんて素敵なカメラなの!

 

What a nice camera you have!
彼はなんて素敵なカメラを持ってるの!

 

上の2つの例文はともに名詞「camera」を強調しています。

 

このように名詞を強調する感嘆文では、文頭に「what」を用います。

 

パターン2 形容詞、副詞を強調する場合

 

■パターン2の公式
How 形容詞(副詞) (主語 述語)!

 

※(主語 述語)は省略可能

 

How crazy!
なんて危険なの!

 

How crazy he is!
彼はなんて危険なの!

 

上の2つの例文はともに形容詞「crazy」を強調しています。

 

このように形容詞、または副詞を強調する感嘆文では、文頭に「how」を用います。

 

名詞を強調する場合、形容詞もしくは副詞を強調する場合、いずれの場合も文末には必ず感嘆符「!」を付けます。

 

また、ネイティブスピーカーは「主語 述語」を省略することが多いと感じます。

 

つまり、「What a nice camera!」や「How crazy!」の方がよく使われているということです。

 

 

 

感嘆文を使えば強い感情表現ができるようになります。

 

語順が特殊なため理解しづらい部分もありますが、考え方は日本語とよく似ています。

 

日本語でも何かを強調するとき、その強調の対象を先に言うことがあるはずです。

 

すごくかっこいい!その服。

 

なんてすごいの!彼は。

 

このように「倒置」と言って語順の変化によって強調することは日本語でも同じです。

 

最後にですが、文末の「主語 述語」という語順には注意をしましょう。

 

以下の文章は感嘆文です。

 

How crazy he is!
彼はなんて危険なの!

 

もしこの語順を間違ってしまうと、

 

How crazy is he!
彼はどのくらい危険ですか!

 

という疑問文のような意味になってしまいます。

 

必ず「主語 述語」にし、もしこれに意識が回らないのであれば、「主語 述語」を省略した感嘆文を使うようにしましょう。

 

 

 

次の講義はコチラ:付加疑問文とは

 

英文法講義トップページへ戻る


サイト情報

英語教材ランキング