冠詞とは aとtheの違い

チェックポイント まずはこれだけ覚える!

 

 

冠詞には「a」と「the」がある!
冠詞は名詞の前に付く!

 

冠詞とは名詞の前に付く言葉です。

 

a pen

 

the book

 

上記の例では「a」と「the」が冠詞になります。

 

それではこの冠詞「a」や「the」がどんな意味を持つのかを説明していきます。

 

まずはじめにお伝えしておきたいことは、冠詞という概念は日本語にはないということです。

 

そのため、日本語で「a」や「the」に直接該当するものはなく、ニュアンスとして理解をしていく必要があります。

 

a pen
1つのペン

 

無理に日本語で表すのであれば「1つのペン」と訳すことになります。

 

しかし、実際には日本語で「私は1つのペンを持っています。」と言うことはありません。

 

普通に「私はペンを持っています」と言うはずです。

 

the book
その本

 

冠詞「the」の意味は、日本語の「その」と近いと言うことができます。

 

しかし、日本語では「その本」というようにいつも名詞に「その」をつけるわけではありません。

 

このように、ただ単に日本語訳としての説明を聞いてもしっくりこないのが冠詞です。

 

これは英語にあって日本語にない概念なので仕方のないことで、やはりニュアンスとして冠詞は意味を理解する必要があります。

 

まずは冠詞「a」が持つニュアンスについてです。

 

冠詞「a」は単数形の名詞に付き、不特定多数の中から1つというニュアンスがあります。

 

それに対し冠詞「the」は特定のものの中から1つ限定するニュアンスがあります。

 

つまり、以前に一度会話や文章の中で出てきて、それだと特定できる名詞に対して「the」を使うことになります。

 

詳しく説明をすると、

 

I stayed a hotel in New York.
ニューヨークのホテルに滞在したよ。

 

What did you think of the hotel?
そのホテルについてどう思った?

 

はじめのフレーズでは、ホテルというだけでどのホテルということは特定していませんので「a」をつけます。

 

まさに不特定多数の中の1つというニュアンスです。

 

それに対し、後続のフレーズでは、一度会話に登場したホテルを指し、「そのホテルはどうだった?」と、どのホテルかを特定して話をしているため冠詞は「the」となります。

 

ニューヨークにあるたくさんのホテルの中から1つを選び出しているわけです。

 

噛み砕いて言うならば、一度会話に登場したものを再登場させるときに「the」を用いるのが、冠詞「the」のもっとも基本的な使い方になります。

 

以上が英語の冠詞の感覚です。

 

日本語では冠詞という概念はありませんが、文章の流れからそれと同じ意味を汲み取っています。

 

まとめますと、「これだ!」っと1つに決めることができる場合は冠詞「the」を使い、そうでない不特定多数の中の1つの場合は「a」を使います。

 

例えば、ペンが山盛りに入った箱があるとします。

 

この状況で、

 

Can I use the pen?

 

このように冠詞「the」を用いると、「そのペンを使ってもいい?」という意味になります。

 

つまりは、「このペンを使いたい」というように使いたいペンが明確にあるわけです。

 

それに対して、

 

Can I use a pen?

 

冠詞「a」を用いると、「どれか1つペンを使ってもいい?」というニュアンスになります。

 

つまりは、「箱の中にあるペンのどれでもいいから1つ使いたい」というように、別にどのペンかはかまわない、どのペンでもペンを使えればそれでOKということです。

 

これが冠詞「a」と「the」の違いです。

 

1つに決めることができる場合は「the」を使うため、冠詞「the」には特殊な用法があります。

 

the world
世界

 

the United States of America
アメリカ合衆国

 

the White House
ホワイトハウス(米国大統領の住居)

 

世界は1つしかありませんし、アメリカもホワイトハウスも1つしかありません。

 

このように無条件で1つに決めることができる名詞には冠詞「the」を用います。

 

これを言い換えるのであれば、生活や習慣から一般的に誰にとっても1つに絞りこめるもの、すなわち共通認識されているものには「the」を使う、とも言えます。

 

話はそれますが、「The Beatles(ビートルズ)」というバンド名に「the」が付いているのにも納得ができますよね。

 

冠詞には他にもルールがあります。

 

それは「惑星の名前」と「楽器」は常に冠詞は「the」というルールです。

 

惑星については誰にとっても共通認識として1つに絞り込めますが、楽器についてはそうではないのに冠詞は常に「the」なので注意が必要です。

 

このルールを丸暗記しておくことをおすすめします。

 

最後に、冠詞「a」は母音「a i u e o」から書き出し、かつ、母音「a i u e o」の発音からはじまる名詞につく場合は「an」となるというルールも説明しておきます。

 

an apple

 

an egg

 

注意すべき点は、母音「a i u e o」の発音からということです。

 

a university

 

a used car

 

これらは母音「u」からはじまってはいますが、発音としてはカタカナの「ユ」に近い音からはじまっているため冠詞は「a」となります。

 

逆に母音「a i u e o」から書き出さなくても、発音が母音「a i u e o」のものは冠詞は「an」になります。

 

an hour

 

an honest boy

 

細かいルールですが、正確に使い分けるようにしましょう。

 

 

 

日本人の英語に違和感を感じるのは冠詞の使い方が間違っていることだとネイティブスピーカーの友人(オーストラリア出身)がよく言っています。

 

冠詞をしっかりと理解して使えるようになると英会話が上達します。

 

しかしながらはじめから正確に使うのは難しいものです。

 

ですので、暫定的なテクニックとして、会話の中ではじめて登場する名詞には冠詞「a」を、2回目以降登場する名詞には冠詞「the」を付けると覚えておきましょう。

 

これだけで90%程度正確に冠詞を扱うことができます。

 

 

 

次の講義はコチラ:前置詞とは

 

英文法講義トップページへ戻る


サイト情報

英語教材ランキング