現在形とは

チェックポイント まずはこれだけ覚える!

 

 

現在形は現在のことを表す!
習慣としていつもすることも現在形で表す!

 

現在形とは現在のことを表している表現のことだ、このような認識が一般的になっています。

 

I am Eita.
私は英太です。

 

I like English.
私は英語が好きです。

 

I play soccer.
私はサッカーをします。

 

これらはすべて現在形の文章ですが、このような英文とともに「現在形は今のことを表しています」と中学の英語の授業では教えられたことだと思います。

 

たしかにこれは正解です。

 

しかし、ネイティブスピーカーが現在形をどのように使っているか、どのように認識しているかとなるとこれとはちょっと異なります。

 

現在形とは過去のことも現在のことも、未来のこともすべてを表すというのが正しい理解です。

 

ちょっとこの一言だけで片付けてしまうのでは納得がいかない人が多いと思うので詳しく説明をしていきます。

 

What do you do?

 

これは英会話でよく使う表現です。

 

文章としては現在形になっています。

 

直訳をすると、「あなたは何をしますか?」という意味になります。

 

しかし実際には、「あなたの仕事は何ですか?」という意味です。

 

この事実から現在形が過去も現在も未来のことも表すという意味が分かります。

 

「あなたは何をしますか?」この言葉の真の意味は、

 

3日前あなたは何をしましたか?

 

昨日あなたは何をしましたか?

 

今日あなたは何をしますか?

 

明日あなたは何をしますか?

 

3日後あなたは何をしますか?

 

つまり、「いつもあなたは何をしますか?」というニュアンスになるわけです。

 

そして、「いつもすること=職業」というわけです。

 

したがって「What do you do?」は「職業は何ですか?」という意味になります。

 

このように現在形は、現在のことを表すというニュアンスよりも、「習慣としていつもすること、性質としていつもある状態」を表すときに使うというニュアンスを持っています。

 

まずはこの意識を持ちましょう。

 

「性質としていつもある状態」という現在形についてもう少し詳しく解説をします。

 

I am Japanese.
私は日本人です。

 

この文章も現在形をしていますが、昨日も今日も明日も、そして何年後も日本人であるというニュアンスが含まれています。

 

このように、性質としていつも変わることのない事実も現在形で表現されます。

 

I am Eita.

 

これも同じ理由から現在形です。

 

それでは以下の文章はどうでしょう。

 

The earth is blue.
地球は青いです。

 

地球は何年前も昨日も今日も明日も何年後も青いわけです。

 

それゆえに、この文章のように現在形を使って表現をするのが正解です。

 

このように、普遍の事実も現在形を使って表現します。

 

続いて、現在形と現在進行形の違いについても説明をしていきます。

 

これを知ることでより現在形のニュアンスがつかめるようになります。

 

I play soccer.
私はサッカーをします。

 

これは現在形です。

 

I am playing soccer.
私はサッカーをしています。

 

こちらは現在進行形の文章です。

 

現在形では、先述のとおり、習慣的なことを表します。

 

それゆえに、サッカーが好きで習慣的にサッカーをしているというニュアンスが現在形の文章には含まれています。

 

きっと今週末も予定がなければサッカーをするのでしょう。

 

また、長期休暇があればサッカーをするのでしょう。

 

現在形はこんなニュアンスを含んでいます。

 

それに対して現在進行形では、今まさにサッカーをしているというニュアンスがあります。

 

まさに今プレー中という意味です。

 

現在進行形の場合は、今サッカーをしているというニュアンスのみで、サッカーを習慣的にしているというニュアンスはありません。

 

これが現在形と現在進行形の違いです。

 

本当に今この瞬間にしていることを表現するのであれば現在進行形を使うのが正しいわけです。

 

 

 

ここで説明したとおり、現在形は習慣になっていることを言うときに使う表現になります。

 

過去も今も未来もしていることを言うときには現在形を使うのが正解です。

 

I like fish.
私は魚が好きです。

 

過去も今も未来も魚が好きなわけですよね^^

 

 

 

次の講義はコチラ:過去形とは

 

英文法講義トップページへ戻る


サイト情報

英語教材ランキング