マンツーマン?グループレッスン?

ここでは、もし英会話学校に通うならマンツーマンレッスンかグループレッスンのどちらを選択すべきかということについて私の考えをまとめていきます。

 

多くの人は知っていると思うので読み飛ばしてもらって問題ありませんが、まずはマンツーマンレッスンとグループレッスンの定義についておさらいします。

 

マンツーマンレッスンとは、講師一人に対して生徒一人のレッスンの形態です。

 

グループレッスンとは、講師一人に対して二人以上の生徒が受講するレッスンの形態です。

 

だいたい講師一人に対して生徒5人程度のグループレッスンが多いように感じます。

 

続いてマンツーマンレッスンとグループレッスンのメリット・デメリットについてまとめていきます。

 

まずはマンツーマンレッスンのメリットについてです。

 

マンツーマンレッスンでは講師一人に対して生徒一人のため、グループレッスンと比べて内容の濃いレッスンを受けることができます。

 

講師は生徒一人に対して集中したレッスンをすることになりますし、一人でレッスンを受けるので他の生徒に良くも悪くも影響を受けることがありません。

 

つまりは1時間のマンツーマンレッスンを受けたのなら、1時間丸々学びが得られるわけです。

 

(もちろん生徒がその意識でレッスンに臨む必要はありますが)

 

デメリットは、グループレッスンと比べて金額が高いことです。

 

スクールによって異なりますが、5,000円〜10,000円/時間が相場になります。

 

これぞ「英会話学校は高い」と言われる理由です。

 

続いてグループレッスンのメリットについてです。

 

グループレッスンのメリットは、マンツーマンレッスンと比較して料金が安いことです。

 

2,000〜4,000円/時間が相場になります。

 

当然ですが、一人の講師で複数人の生徒の相手をするので、レッスンの料金は安くなります。

 

高いというイメージが先行している英会話学校も、グループレッスンであれば思うより安く受講できるわけです。

 

グループレッスンのメリットは以上で、私はこれ以外のメリットが思い浮かびません。

 

それに対してグループレッスンのデメリットはたくさんあります。

 

考えてみればすぐに分かるのですが、グループレッスンにおいて、自分が英語を話す実質の時間というのは人数にもよりますが、わずかとなります。

 

1時間のレッスンを5人のグループで受けたのなら、単純計算では60分÷5人=12分となり、自分が英語を話す実質的な時間は12分しかありません。

 

話す練習をするための英会話学校なのに、人の話を聞いているのが主になってしまうわけです。

 

そして複数人で同時に同じレッスンを受けるがために、自分中心に内容が進んでいくわけではありません。

 

仮に自分が気になることがあったとしても、あなた一人のためにレッスンが中断されたり、方向転換したりということは難しいです。

 

また、決して自分と同レベルの人とのグループになるという保証はありません。

 

その理由は、英会話学校は基本的にどこも生徒を集めることに必死なので無理にでも生徒を集めてグループを作る傾向があるからです。

 

あなたが初心者ならば周りに迷惑をかけてしまい気の毒な思いをすることもありますが、最悪なのは初心者や英語が下手な人ばかりのグループでのレッスンです。

 

無駄に時間がかかってしまう、間違った発音の英語を聞くことになる、これではレッスンを受ける意味がまったくありません。

 

さらには周りも下手だからという安心感が芽生えてしまい、今の自分のレベルから抜け出す意識がなくなってしまうことさえあります。

 

そして、講師がサボりやすいのもグループレッスンです。

 

マンツーマンレッスンの場合は露骨にサボることはできません。

 

しかし、グループレッスンでは、グループのメンバー同士で会話をさせれば自分はサボることができてしまいます。

 

ひどい講師の場合は、「自由に会話してください」と言って放置ということもあります。

 

このように講師もきめ細かい指導ができない、サボりやすいのがグループレッスンです。

 

グループレッスンのこれらの欠点というのは英会話を学ぶ上では大きすぎるものです。

 

■マンツーマンレッスンとグループレッスンのメリット・デメリットまとめ

-マンツーマングループ
料金× 高い◯ 安い
レッスンの質◯ 高い× 低い
英語を話す時間◯ 長い× 短い
レッスンの自由度◯ 高い× 低い
周りからの影響◯ なし× あり

 

この表を見れば一目瞭然、私としてはマンツーマンレッスンしかないという感じです。

 

しかし、こんな私の意見とは裏腹に多くの人はただ金額が安いという理由のみでグループレッスンを選択しているのではないでしょうか。

 

たしかに、初めて英会話学校に通うからまずはグループレッスンで様子を見ようと考えるのは理解できます。

 

ですが、金額だけを基準にしてレッスンの形態を選択するとこのような欠点がついてきます。

 

特にグループレッスンは金額が安くなればなるほど、1グループの人数が多くなり、同じグループに属する人のレベルもバラバラになる傾向が強くなります。

 

まさに安かろう悪かろうという感じです。

 

改めて考え直した方がいいと思うことは「なぜ英会話学校に通うのか」ということです。

 

もともと英語が話せるようになりたくてわざわざ英会話学校に通おうと思ったわけですよね。

 

それならば、金額を一番の判断ポイントに置くのは間違いです。

 

英語が話せるようになるのかを一番の判断ポイントにし、金額は二番とするべきではないでしょうか?

 

なぜか多くの人がこの点を見失ってしまっているのが現状です。

 

私は英会話学校に通うことはおすすめはしていませんが、もし通うのであればマンツーマンレッスンで間違いありません。

 

見かけ上の金額は高くなりますが、実際に自分が英語を話すことができる時間で考えると、グループレッスンよりもお得です。

 

当然ですが、学習効果もグループレッスンとは比べ物にならないほど高くなります。

 

このようにせっかく英会話学校に通うのであれば、マンツーマンレッスンを選択しないとそのメリットは享受できません。

 

 

 

次の講義では、英会話学校の正しい使い方という題でマンツーマンレッスンの活用法についても詳しく解説をしていますのでぜひ読んでみてください。

 

この方法を知れば、金額の高いマンツーマンレッスンでもコストパフォーマンスを良くすることができます。

 

次の講義はコチラ:英会話学校の正しい使い方

 

英語学習コラムトップページへ戻る


サイト情報

英語教材ランキング