海外に期待は禁物!

留学などを切り札に英語を覚えようとしている人がいますが、海外に行ったからといって英語できるようになるとは限りません。

 

私自身、若いころに資金ほぼゼロで当てもなくアメリカに行きました。

 

英語だけの生活環境に行けば、自然と英語ができるようになると思ったからです。

 

しかし、実際には思うようにいかず、ほとんど英語を覚えることなく帰国しました。

 

この経験で分かったことは、英語がまったくできない人やちょっとしかできない人は海外に行っても得ることが少ないということです。

 

なぜならば英語を学ぶきっかけがつかめないからです。

 

残念ですが、英語ができないアジア人が海外で親切に扱ってもらえると期待するのは間違いです。

 

多数いるアジア人の一人のわけで、英語が話せなければコミュニケーションが取れないので、相手からすればわざわざ話す理由がありません。

 

勘違いをしている人が多くいるように感じるのですが、チヤホヤされて相手から寄ってきてくれるなんてことは絶対にありません。

 

つまりは英語力がなければ、外国人の友達を作ることすら難しいのが現実ということです。

 

海外に行けば外国人の友人ができて、英語を教えてもらって、英語が話せるようになる・・このような幻想を思い描くのはやめた方がいいでしょう。

 

逆に日本にいるときから英語をしっかりと学んで英語でのコミュニケーションを取れるようにしておけば、チャンスは転がってきます。

 

つまり、誰でも海外に行けば英語が話せるようになるというわけではないのです。

 

海外に行く前に身につけた英語力によって結果が決まるものです。

 

現地で学ぼうというスタンスの人は高確率で失敗してしまいます。

 

大学でちょっと学んだ程度の英語力しかなかった私が現地に足を入れてすぐに感じたことは、まったく聞き取れない、まったく話せないという絶望感でした。

 

日本にいるときに勉強をせずに海外で英語をと考えている人は、私と同じようにこの絶望感をいきなり経験することになると思います。

 

この絶望感を味わうと、現地で英語が話せない日本人同士でグループを作って、日本語だけで生活をすることになってしまいます。

 

その方が居心地が良いので当然のことでしょう。

 

これではせっかく海外にいるのに日本と同じような生活になってしまいます。

 

私は実際に海外で身につけることができた英語というのはほとんどありませんでした。

 

ちょっと長い海外旅行に行っただけ、こんな海外生活でした(苦笑)。

 

そして、海外に行って英語を身につけずに帰ってきたときの恥ずかしさは言葉では表せないものです。

 

家族や友人は私が英語がぺらぺらになって帰ってくると思っているものなので、旅の最後の方はどう言い訳をするかを考えていました。

 

こうならないためにも事前の学習は本当に大切だと思っています。

 

もし、海外に行くことを英語学習の切り札にしているのでしたら、それにはイエローカードを与えたいです。

 

現地で英語を学ぼうと考えている人よりも安易な人は、現地で英語を使うことで身につけようと考えますが、これも基礎がなければうまくはいきません。

 

英語を使う経験が得られ、上達につながるのは基礎がすでにある人に限られます。

 

考えてみれば分かることですが、これはスポーツでも同じです。

 

野球のルール、バッドの握り方、ボールの投げ方さえも知らない人がいきなり試合に出ても何をしていいのかさえ分かりません。

 

そんな人が試合に出ようと考えることが間違いであり、もし試合に出たとしても現実の厳しさを知るだけです。

 

もっといってしまえばチームメイトも迷惑に感じ、いずれは居場所がなくなるでしょう。

 

海外で英語を使って身につけようと考えることもこれと同じことです。

 

基礎や事前の準備は重要です。

 

特に単語や文法については日本で十分に学ぶことができるので、これらは日本でしっかりと勉強しておき、現地ではコミュニケーションの練習に徹するようにしましょう。

 

海外は今の自分の英語力を伸ばす場でしかありません。

 

何もない人が行っても、伸びる元がないので伸びるはずはありません。

 

以上の理由から海外に期待しすぎるのは禁物と言えます。

 

次の講義はコチラ:日本が英語を学ぶ最強の環境

 

英語学習コラムトップページへ戻る


サイト情報

英語教材ランキング