英語教材から最大の価値を引き出すには

先日、祖母の家を訪問したとき、英語教材を持っていき、それを使って祖母の家でも英語の勉強をしていました。

 

すると、祖母が「今からもう30年くらい前だけど、うちも英語教材を買ったことがあるよ」と言ってきました。

 

「へー、30年前の教材ってどんな内容か見たいな」

 

「その英語教材どこにあるの?」と質問をしたら、

 

「使わなかったから捨てたよ」との回答でした。

 

それなりに値段はしたけどほとんど使わずに捨ててしまったということで、裕福ではない祖母の家庭(私の母方の祖母なので私の母親の家庭)を考えると、とてももったいないと思ってしまいました。

 

このように、私が一番残念だと思うことは、英語教材を買ったはいいが使わなかったという人が多いことです。

 

買うときが気持ちのピークでいざ使うときになると熱が冷めていく・・・

 

こんな経験はありませんか?

 

せっかく英語教材を買ったのならば、私のようにそれを使い倒してほしいです。

 

英語教材から最大の価値や効果を引き出すには、とにかく使い倒すことです。

 

必ず最後までやり遂げてください。

 

そして、学んだことが自分のものになるまで何度も繰り返し学習してください。

 

学習の中で分からないことがあれば、遠慮なんてせずにどんどん販売元に質問をしてみましょう。

 

また、サポートが付いている教材であればそのサポートをどんどん利用しましょう。

 

中にはほとんど使えない、役に立たないサポートもありましたが、使えるものは全部使っていく、この気持ちが大切です。

 

英語教材を買ったのならば、そのすべてを活用し、必ず最後までやり通し、学んだことを自分のものにするまで使ってください。

 

全部をやらずに捨てる、こんな気持ちでは英語はできるようになりません。

 

英語教材は安いものではありません、買ったからには絶対に元を取るのだという積極的な考えを持ちましょう。

 

買ったのに使わずのままになっているなど、損することを許してはいけません。

 

また、1つ教材を買ってうまくいかないと次へ次へと教材を買い替えようとする人がいます。

 

間違いなく言えることですが、このタイプの人はいくつ教材を買ってもうまくいきません。

 

うまくいかない原因が教材にあるのか、それとも自分にあるのかを見極める必要があります。

 

多くの場合は、その教材を使い倒していないこと、つまりは「自分」が原因です。

 

複数の教材を同時に買おうとする人もいますが、まずは1つ集中的に取り組んだ方が得られる効果は高くなります。

 

一点集中でやり込んで1つの教材からすべてを引き出すようにしましょう。

 

また、私の経験として似たコンセプトの教材も複数買わない方がいいと思います。

 

結局は得られる効果が似たようなものだからです。

 

対極に当たるコンセプトの教材を使用した方が学習のバリエーションが増え、効果的です。

 

英語教材は安い買い物ではありませんが、ここで説明したことを意識して学習に取り組めば、得られる価値は金額以上になります。

 

同じ金額を払いながら、得られる価値は自分しだいで決まってしまう、だからこそ、絶対に損しないようにとことん使い倒してください。

 

次の記事はコチラ:英語教材のテキスト選びで失敗しない方法

 

英語学習コラムトップページへ戻る


サイト情報

英語教材ランキング