音楽のように英語は覚えることはできない

「何度も聞いている音楽は自然と口から出てきます、だから英語も何度も聞いていれば自然と口から出てきます」

 

という英会話学習方法を主張する人がいますが、真実はどうなのでしょうか?

 

こう言われると、英語の知識がない人はそれっぽく聞こえてしまうものですが、よくよく考えてみると、英語の知識がなくても「その方法には穴があるな」とすぐに分かってきます。

 

いくつか質問を投げかけるので、それに回答をしてみてください。

 

そうすれば穴が見えてきます。

 

日本語の歌ではなく英語の歌であっても聞くだけで覚えることができますか?

 

日本語の歌ですら聞くだけで暗記するのは簡単ではなく、それが英語の歌となるとなおさらハードルは上がります。

 

 

何度も聞いている歌は歌えるようになると言いますが、あなたは何度聞けばそれを完璧に覚えることができますか?

 

1曲を完璧にしようと考えたとき、相当な数を繰り返し聞かなければ覚えるのは難しいのではないでしょうか。

 

この作業を考えると決して安易さはありません。

 

英語を覚えるには、ただ漠然と聞くだけよりも優れた方法がたくさんあります。

 

 

何度も聞いている歌は歌えるようになると言いますが、あなたは今までに歌詞を見ずに何曲歌えるようになりましたか?

 

ただ聞くだけで歌を何曲も丸暗記している人というのは、なかなかいないものです。

 

やはりこの方法で英語を覚えるとなると早い段階で限界になりそうです。

 

漠然と暗記していくよりも、本当に必要な部分だけを覚える、何かと関連付けて覚える、持っている知識をベースに覚えるなどの方法を活用した方が効率的と言えます。

 

 

何度も聞いている歌は歌えるようになるかもしれませんが、聞いたことがない歌は歌えるようになりますか?

 

今まで聞いたこともなく、歌詞もメロディも知らない歌が口から出てくるはずはありません。

 

つまり、自由に英語が話せるようになるわけではないということです。

 

ルールを知って英語を覚えていかなければ、自分で思ったことを考えて話す力は身につきません。

 

 

聞いた歌を本物と同じ音程・リズムで歌えますか?

 

これにはかなり個人差が影響してきそうです。

 

聞いたとおりに歌ってください、と言われてそのとおりにできない人の方が多数派だと感じます。

 

やはり、音程やリズムなどの基礎の部分の訓練を無視することはできません。

 

英語もこれとまったく同じです。

 

 

歌を覚えるとき歌詞カードや楽譜を見た方が覚えやすくはありませんか?

 

言うまでもなく、歌詞カードや楽譜があった方が正確かつ早く覚えることができます。

 

聞くだけという行為のみでと考えるのはやはり無理があると言えそうです。

 

 

他にも質問を続けることは可能ですが、以上で十分に理解いただけたと思います。

 

音楽のように英語を覚えることは極めて難しいでしょう。

 

そもそも、聞いたまま適当に歌を歌っている人の歌声を聞いて、それをうまいと思いますか?

 

それともそんな適当に歌うのなら歌わないでくれと思いますか?

 

私は後者です。

 

ただ聞いたままで歌にしても英語にしても覚えようとすると、結局は聞いた本人がどう受け止めるかが強く影響するので、自己流になってしまう可能性が高いです。

 

やはり、聞いたものを正確に受け止める必要があります。

 

ですので、歌詞カードを見ながら歌を覚えるのと同様に、英語もテキストを見ながら音と実際の単語などを見合わせていかなければ間違った方向へ進んでしまいます。

 

「音楽のように聞いていれば覚えることができる、だからテキストも見る必要はありません」ということを主張する人いますが、私はテキストなしで英語を学ぶということも理解できません。

 

なぜそう思うのか、明確な理由があるので興味がある方はご覧ください。

 

次の記事はコチラ:テキスト不要で大丈夫な教材とそうでない教材

 

英語学習コラムトップページへ戻る


サイト情報

英語教材ランキング