Do you mind〜?に対する回答

今回は「Do you mind〜?」に対する回答の仕方について説明をしていきます。

 

Do you mind if I smoke here?
ここでタバコを吸ってもいいですか?

 

このような「Do you mind〜?」を用いた表現は日常英会話で頻繁に使用します。

 

今回、ポイントになるのは、この一文に対する回答です。

 

No, I don't.
はい、大丈夫です。

 

Yes, I do.
いいえ、ダメです。

 

「Do you mind〜?」に対する回答として、上の2つの文が正しい回答の仕方になります。

 

しかし、ちょっと違和感がありますよね。

 

なぜ、大丈夫なのに「No」と答えるのか、ダメなのに「Yes」と答えるのかということです。

 

このせいで多くの人が回答に戸惑ったり、間違ったりしているわけです。

 

これについては、「Do you mind」の部分を「〜してもいいですか」と意味を取るのではなく、「〜しても気になりませんか」という意味で考えるとスッキリします。

 

つまり、

 

Do you mind if I smoke here?
ここでタバコを吸っても気になりませんか?

 

と意味を理解しましょうということです。

 

気になりませんの場合は「No, I don't.」、気になりますの場合は「Yes, I do.」、これにより間違った回答を避けやすくなります。

 

日本語の場合は「はい、気になりません」「いいえ、気になります」と回答をするので、このあたりの感覚は英語で考える必要があります。

 

「Do you mind〜?」に対する回答の別パターンもいくつか紹介しておきます。

 

No, not at all.
いいえ、まったく気にしません。

 

No, of course not.
もちろん大丈夫です。

 

I'd rather you didn't.
できればやめてほしいです。

 

I'd rather you don't.
やめてほしいです。

 

これらの表現も「Do you mind〜?」に対する回答としてよく使います。

 

厳密には「I'd rather you don't.」は文法上間違いだという指摘もありますが、実際にネイティブスピーカーとの会話ではここで説明したニュアンスで使われているのを耳にします。

 

しかしながら、強い拒否の意味が出てしまうので、控えめな表現である「I'd rather you didn't」を使う方がベターです。

 

話は変わりますが、

 

Do you mind my smoking here?

 

このように動名詞を用いた場合でも同じように「ここでタバコを吸ってもいいですか?」という意味を表現することができます。

 

それでは、先ほど出した「if I smoke」と動名詞「my smoking」の厳密な違いは何かということについてです。

 

ニュアンスとして、動名詞「my smoking」は吸うこと前提での質問になります。

 

Do you mind my smoking here?
ここでタバコを吸ってもいい?

 

「吸うよ、大丈夫だよね、一応確認しておくけど」、このようなニュアンスが含まれます。

 

それに対して、「if I smoke」の場合は、「大丈夫だったら吸わせてもらいます」というニュアンスになります。

 

質問の仕方のスタンスがまったく変わってくるので意識的に使い分けをしましょう。

 

 

 

次は、「afraid」という単語の用法について解説をしていきます。

 

afraidの用法

 

英文法講義トップページへ戻る


サイト情報

英語教材ランキング