commence、commencementについて

「commence」という単語は「〜を開始する、はじめる」という意味の動詞で、同じ意味を持つ単語としては「start」や「begin」などがあります。

 

誰もが知る「start」や「begin」という単語があるせいか、TOEICでは出題されるものの、あまり多くの人が知らないのがこの「commence」という単語です。

 

この「commence」は実はフランス語なのです。

 

同じ意味を持つ単語でも「start」や「begin」に比べて文字数が多いのが「commence」で、このように同じ意味を持つ単語の中でも文字数が多いものはだいたい英語以外の言語ながら英語としても使われているものという場合が多いです。

 

また、「start」や「begin」よりも文字数が多いので、われわれにとってあえて「commence」を使う必要がないのもこの単語があまり有名ではない理由ではないでしょうか。

 

「commence」は「〜を開始する、はじめる」という意味以外にも、「学位を受ける」という意味もあります。

 

そして、この「commence」を名詞形にした「commencement」は「開始、はじめ」という意味もありますが、それと同時に「(アメリカの大学の)卒業式」という意味もあります。

 

たしかに「学位を受ける」の名詞形なので「卒業式」という意味でも不思議ではありません。

 

しかし、私が何か深いものを感じたのは、「開始、はじめ」と「卒業式」という意味を同じ単語で表現することです。

 

「卒業式=開始、はじめ」というのは日本にはない発想だと思います。

 

日本の場合、「卒業式=終わり、お別れ」というどちらかというとネガティブな意味合いが強いように感じてしまいます。

 

それを「開始、はじめ」というアメリカはまさに卒業式こそ門出だというポジティブさがあります。

 

感じ方は人それぞれですが、私はなぜかこの「commence、commencement」という単語になるほどと感じたので、今回このような記事にまとめてみました。

 

 

 

次は、綴りの似た紛らわしい単語について説明をしていきます。

 

alternateとalternativeの違い

 

英文法講義トップページへ戻る


サイト情報

英語教材ランキング