「行ってきます」関連の英語

今回は、「行ってきます」「行ってらっしゃい」「ただいま」「お帰り」は英語で何と表現すればいいのかということについて説明をしていきます。

 

行ってきます

 

I'm leaving.

 

I'm going.

 

I'm off.

 

「行ってきます」をそのままストレートに英語にした表現はありませんが、だいたい以上の表現がほぼ日本語の「行ってきます」を意味します。

 

 

行ってらっしゃい

 

Take care.
気をつけてね。

 

「Take care.」はしばらく会えない人に対して使う「行ってらっしゃい」です。

 

 

See you later.
また後でね。

 

「See you later.」はご存知のとおり、「また後でね」という意味であり、また後で会いましょうというニュアンスで使われる「行ってらっしゃい」です。

 

 

Have fun.
楽しんできてね。

 

「Have fun.」はこれからパーティーなど楽しいことに出かける人に対して使う「行ってらっしゃい」です。

 

 

Have a nice/good 〜.
良い〜を。

 

「Have a nice/good 〜.」は「Have a nice trip.」のように「〜」の部分に具体的な名詞を入れ、「良い旅行を」のように相手を送り出すときに使う「行ってらっしゃい」を意味します。

 

 

Stay out of trouble.
行ってらっしゃい(無事戻ってきてね)。

 

「Stay out of trouble.」を直訳すると、「トラブルに巻き込まれないでね」となり、「気をつけて行ってらっしゃい」という意味で使います。

 

初めての場所や慣れない所へ出かける相手に対して使う「行ってらっしゃい」になります。

 

これとほぼ同じ意味の表現で、「Keep out of trouble.」と言うこともできます。

 

 

Be good.
行ってらっしゃい。

 

「Be good.」を直訳してしまうと「いい子でいてね」となりますが、その意味のとおり、元々は親が子どもを学校などに送り出すときに使っていた「行ってらっしゃい」を意味する表現です。

 

ですが実際には、子どもに限らず出勤する大人や外出する大人にも使用することができます。

 

ただし、上司など目上の人や外部の人に対しては使う表現ではありません。

 

 

ただいま

 

「ただいま」を意味する表現として「I'm home.(家に戻ってきたよ)」が紹介されていることがありますが、この表現を使っているネイティブスピーカーはほぼいません。

 

「I'm home.」は、家に戻ってきたが誰もいない様子だったので、「誰かいない?」というニュアンスを含めて「戻ってきたよ」と言いたいときに使うくらいです。

 

実際には日本語の「ただいま」をそのまま英語にした表現はありません。

 

Hi.

 

Hey.

 

Hello.

 

などを「やぁ」という軽い感じで「ただいま」としてネイティブスピーカーは表現しています。

 

 

おかえり

 

「おかえり」についてもこれにピッタリと合った英語はありません。

 

How was your day?
1日どうだった?

 

How was your work?
仕事はどうだった?

 

How was your school?
学校はどうだった?

 

これらのように帰ってきた相手に対して「How was your 〜?」という形の表現が「ただいま」の代わりに使われています。

 

 

日本語では当たり前かのように使う「行ってきます」や「ただいま」も、英語で何と言うのかとなれば知らない人が多いものです。

 

本当であれば中学1年生で習いそうなくらい日本語では頻出・必須の表現でも、なぜ英語ではこれほど知られていないのでしょうか。

 

その理由は、英語には日本語のような定型表現がない場合があるからです。

 

「行ってきます」や「ただいま」と同じような例として、「いただきます」「ごちそうさま」があります。

 

これらを正確に英語で表す表現はありません。

 

Let's eat!
食べましょう(いただきます)。

 

I'm full.
お腹いっぱい(ごちそうさま)。

 

It was delicious.
おいしかった(ごちそうさま)。

 

このように同じシーンで使う似た表現はありますが、それを正確に英語で表す表現はありません。

 

ですので、日本語にとらわれすぎず、ここで説明したそれらしい表現を使うことが英語では正解になります。

 

 

 

英文法講義トップページへ戻る


サイト情報

英語教材ランキング