肯定文・否定文とは

チェックポイント まずはこれだけ覚える!

 

 

肯定文は普通の文章!
否定文は何かを否定するための文章!

 

ここでは、肯定文と否定文について説明していきます。

 

〜目次〜

 

肯定文とは

 

肯定文(こうていぶん)とは、普通の文のことです。

 

辞書で「肯定」の意味を調べてみると、「そのとおりであると認めること」と書いてあります。

 

つまり、肯定文は以下の例文のように「〜は〜です」「〜は〜する」という意味となり、ただ単に事実を述べるための文章と言うことができます。

 

I am Taro.
私は太郎です。

 

I play tennis.
私はテニスをします。

 

ともに「太郎です」「テニスをします」という事実を述べています。

 

このように、ただ単に事実を述べたのが肯定文です。

 

そして、以下のように、過去形の文章、助動詞を含む文章、現在完了形を含む文章などにおいても、ただ単に事実を述べるのは肯定文です。

 

I bought this camera.
私はこのカメラを買いました。

 

I can go for dinner with you.
私はあなたと夕食に行くことができます。

 

I have lived in New York for two years.
私はニューヨークに2年間住んでいました。

 

 

否定文とは

 

否定文(ひていぶん)とは、何かを否定するための文です。

 

上で説明した「肯定」の意味を辞書で調べると、その対義語として「否定」という言葉が載っています。

 

つまり、肯定文とは逆で、「そのとおりであるとは認めない文章」と言うことができます。

 

I am not Taro.
私は太郎ではありません。

 

I don't play tennis.
私はテニスをしません。

 

上記の例文のように、「〜は〜でない」「〜は〜しない」という意味になります。

 

また、肯定文と同様に、過去形の文章、助動詞を含む文章、現在完了形を含む文章などにおいても、ただ単に事実を否定しただけの文章は否定文に分類されます。

 

I didn't know that.
私はそれを知りませんでした。

 

I can't do that.
私はそれができません。

 

I haven't tried yet.
私はまだ試したことがありません。

 

 

否定文の作り方

 

否定文を作るために「not」を用いますが、動詞がbe動詞か一般動詞かによって、その語順が異なるので注意が必要です。

 

be動詞であれば「be動詞+not」となります。

 

I am not Taro.

 

一般動詞であれば「do not+一般動詞」となります。

 

I don't play tennis.

 

助動詞であれば「助動詞 not+動詞」となります。

 

I can't do that.

 

そして、「do not」と「助動詞 not」の後に続く動詞は必ず原形になります。

 

以上の内容を端的に説明すれば、否定したい語の前に「not」を置くというイメージです。

 

「I am not Taro.」の場合は、「太郎」を否定したいので、その前に「not」を置きます。

 

「I don't play tennis.」の場合は、「テニスをすること」を否定したいので、その前に「not」を置きます。

 

また、すでに例文の中で出していますが、それぞれに短縮形があります。

元の形短縮形
is notisn't
are notaren't
do notdon't
does notdoesn't

※「am not」の短縮形はありません。

 

 

too、either、neitherの回答の使い分け

 

肯定文・否定文において、相手の発言に対して、「私もです。」という回答をすることがよくあります。

 

相手の発言が肯定文の場合は、以下のように「Me, too.」を用いて「私もです。」と回答をします。

 

I am sad.
私は悲しいです。

 

Me, too.
私もです。

 

相手の発言が否定文の場合は注意が必要です。

 

I am not sad.
私は悲くないです。

 

Me, either.
私もです。

 

このように「Me, either.」を用いて「私もです。」と回答をするのが正解です。

 

発音は「イーザー(アメリカ英語発音)」「アイザー(イギリス英語発音)」です。

 

また、「either」の代わりに「neither」を使うこともあります。

 

発音は「ニーザー(アメリカ英語発音)」「ナイザー(イギリス英語発音)」です。

 

その場合は、以下のように回答をします。

 

I am not sad.
私は悲くないです。

 

Neither am I.
私もです。

 

このように「neither」を文頭に出し、それに「動詞(助動詞)+主語」を続けます。

 

「Me, too.」と同じ意味を持つフレーズとして、以下のものがあります。

 

I am, too.

 

So am I.

 

「Me, too.」はくだけたニュアンスですが、上記2つは丁寧なニュアンスです。

 

そのため、場面に応じて適切な使い分けが求められます。

 

 

notを使わない否定表現

 

否定文は「not」を使って否定するという理解が正解ですが、「not」を使わない否定の表現もあるので、それらについて説明していきます。

 

He is the last person to apologize.
彼はもっとも謝罪しそうにない人だ。

 

上記例文のように、「the last N(名詞) to V(動詞)」という形で「もっともVしそうにないNだ」という意味になり、「not」を用いなくても否定の意味を表します。

 

また、以下のような使い方も可能です。

 

He is the last person I can trust.
彼は私がもっとも信じられない人です。

 

このように「the last N(名詞) (that) S V(動詞)」という形でも使うことができます。

 

This food is far from delicious.
この食べ物は決しておいしくはありません。

 

上記例文のように、「far from 〜」という形で、「決して〜ではない」という意味になります。

 

「far from」を直訳すると「〜から遠い」という意味なので、「決して〜ではない」という意味になるわけです。

 

He is anything but kind.
彼が親切だなんて決してない。

 

上記例文のように、「anything but 〜」という形で、「決して〜ではない」「とても〜とは思えない」という意味になります。

 

I have yet to decide what I should.
私はまだそうするべきか決断していません。

 

上記例文のように、「have yet to V(動詞)」という形で、「まだ〜していない」という意味になります。

 

これらは「not」を使わずして否定の意味を持つ表現です。

 

「not」は否定の意味であり、相手に対してきつさが残ることもありますが、上記表現は「not」を用いず否定を表せるため、きつさが緩和された便利な表現という扱いになります。

 

 

 

最後に、文章の種類について補足説明をしておきます。

 

英語の文章の種類は、大きく分けて、肯定文・否定文・疑問文・命令文・感嘆文の5つです。

 

ここで解説したのは肯定文と否定文ですが、肯定文と否定文は「平叙文(へいじょぶん)」と定義されます。

 

平叙文は、「話し手が自分の考えなど事実を伝達するための文」であり、「S+V」の語順となり、文章はピリオド「.」で終わります。

 

肯定・否定を問わず、事実を伝達するのが平叙文であるため、肯定文と否定文は平叙文と定義されるというわけです。

 

 

 

次は疑問文について説明していきます。

 

次の講義はコチラ:疑問文とは

 

英文法講義トップページへ戻る


サイト情報

英語教材ランキング