楽天のレビューは一歩引いて見る

以下は楽天のレビューに対する私の見解ですが、あくまでも私の見解であるため、それを信じるかどうかは各自にお任せします。

 

前提として、この点について了承した上で読み進めていただければと思います。

 

英語教材を選ぶとき、楽天のレビューを見て選ぶという人がいますが、私はあまり当てにならないと思っています。

 

楽天でレビュー数が多い教材ほど良いと考える人もいますが、レビュー数の多さはそれほど参考になりません。

 

単純にですが、楽天に広告料を支払って広告を掲載している業者の英語教材が上の方に表示され、当然このような教材は露出が大きいので、露出に応じて売れてレビュー数も増えます。

 

これは別に教材の内容が良いというわけではなく、広告費に多くのお金を遣っているだけの話です。

 

また、「レビューを書いてくれた人に何かプレゼントします」という企画でレビューをたくさん集めている場合もあります。

 

送料無料やノベルティのプレゼントなど、レビューを集めるためのこういう企画は英語教材に限らずよく見かけますよね。

 

ですので、楽天のレビュー数が多いから良い教材という構図はまったくもって当てはまりません。

 

(楽天側もこのような事態を避けるべく2015年12月からレビューと引き換えにプレゼントなどを付けることを規約違反としました)

 

そして、楽天のレビューで書かれている内容もあまり参考になりません。

 

レビューを書くのには期限があり、その期限というのは1週間や1ヶ月というものが普通です。

 

英語教材を使って効果があったかどうかというのは1週間や1ヶ月で分かるものではありません。

 

レビューの内容を見てみると、

 

「上達することを期待しています」

 

「今日届きました、これから頑張りたいです」

 

「今回は続けるようにしたいです」

 

というコメントが多く、結果を報告しているものはほとんどありません。

 

結果を報告しているとしても、使用期間が短期のためその結果が本当のなのかということは不明確に思います。

 

洋服や電化製品であれば買ってすぐに良し悪しを感じることができます。

 

この場合は、楽天のレビューがとても参考になります。

 

それとは逆に、英語教材や健康食品などは数ヶ月間使ってからでないと本当の良し悪しは分かりません。

 

楽天のレビューが参考になる商品もあるが、英語教材のようにしばらく使用してからでないと良し悪しが分からないものの場合は参考になりません。

 

あなたが知りたいのは、買った直後の感想ではなく、しばらく使い込んでその結果どんな効果があったかということのはずです。

 

特に、「レビューを書けば送料無料」や「1,000円キャッシュバック」という企画でレビューを集めている英語教材に対するコメントはまったく参考になりません。

 

このような特典をもらう場合、お世辞でも良いことを書かないと申し訳ないというのが人の心理です。

 

そのため、そこに本音はありません。

 

販売元も人の心理を知り尽くした上でこういった企画を行っているものです。

 

(それゆえにこの方式が認められていた2015年12月以前のレビューは全てが参考になるとは限りません)

 

ここで私が説明した点を意識して一歩引いて楽天のレビューを見るようにしましょう。

 

過去に楽天では、英語教材ではありませんが、商品の販売元がサクラを使ってヤラセのレビューを投稿していた問題もあったため、なおさら信じるのが難しいというのが私の意見です。

 

次の記事はコチラ:2014年消費税増税に伴い英語教材の価格が変わりました

 

英語学習コラムトップページへ戻る


サイト情報

英語教材ランキング