英語と日本語と中国語を比較

私は英語はもちろんですが、仕事の関係で中国語(北京語)も学習をしています。

 

中国語の勉強本

 

実力で言えば中国語検定3級でまだまだなのですが、日本人は漢字を理解できるため、少し学習をして文法などのルールを知れば実は中国語はすぐに読めるようになるものです。

 

これは日本人のみが享受できるアドバンテージではないでしょうか。

 

しかし、中国語を話すのはとても難しいです。

 

読むは簡単、話すと聞くは難しいという感じです。

 

私は英語と日本語以外の中国語という第三言語を知ることで、英語と日本語というものを客観的に見ることができるようになりました。

 

この気付きが自分にとってはとても大きかったです。

 

多くの人が英語は難しいと思って苦手意識を持ちながら学習をしています。

 

しかし中国語を知ると、英語の方が断然簡単であることに気がつきます。

 

実際にこのおかげで私は英語が世界の公用語であって良かったと実感しました。

 

それでは、なぜ中国語が難しいかということについて英語と日本語との比較を用いて説明をしていきます。

 

まず、多くの人が知ることですが、中国語には「声調」というものがあります。

 

同じ音でも、4つの音の高低があります。

 

これが曲者です。

 

さらには発音もものすごく複雑です。

 

実際にいくつの音があるかは定かではありませんが、日本語と比較をすれば数倍の音があります。

 

しかも、反舌音など特殊な口の開け方があり、これらを正しくできるようになるには相当な練習が必要でした。

 

文法(文章構造)としては英語と似ていて、主語⇒述語の語順になります。

 

ですので、英語の語順に慣れている人であればそれほど苦労はしません。

 

また、すべての文字を漢字で表記するので、当然のことですが動詞の活用がありません。

 

この点は英語の場合、動詞の過去形、過去分詞形というものを覚えないといけないので中国語よりも大変です。

 

さらに中国語には日本語と同様に量詞というものが存在します。

 

量詞とはいわゆる単位のことです。

 

日本語でも、「1本、2本」や「1個、2個」のように名詞によって単位がありますよね。

 

英語ですとこの単位の表現はほとんどありません。

 

「a pair of」や「a piece of」程度です。

 

中国語では日本語と同様に名詞によって細く量詞が決まっています。

 

これもかなり厄介です。

 

いずれにしても、動詞の活用も量詞も存在する日本語がもっとも難しいと言えます。

 

中国語は書く、読むは簡単です。

 

特に、漢字が分かる日本人はアドバンテージがあります。

 

まったく勉強をしたことがない人でも中国語の新聞を眺めていれば、何が書いてあるかはなんとなく推測できるものです。

 

漢字を知らない国の人であればこんなことは絶対にあり得ません。

 

しかし、中国語は発音とリスニングが難しいです。

 

特に中国人は早口な人ばかりです。

 

そのため、私はいつもリスニングに苦しめられ、紙に書いてコミュニケーションということをしています。

 

英語→中国語→日本語、この順番で習得の難易度は上がっていきます。

 

【英語・日本語・中国語の比較早見表】

-英語日本語中国語
文字アルファベット漢字
カタカナ
ひらがな
漢字
(簡体字)
音の数多い少ないとても多い
語順主語 → 述語主語・・述語主語 → 述語
動詞の
活用
ありありなし
量子少ない多数あり多数あり

 

このような難易度と、やはり世界で使われていることを考えると、中国語よりも英語から学ぶべきだというのが私の意見です。

 

21世紀は中国の時代とも言われ、中国語の習得を目指す人が増えたのも事実です。

 

しかし、中国の人口も2025年をピークに減少するとの予測も出ました。

 

やはり、中国語よりも英語の方が長期的な有用性が高いでしょう。

 

また、中学や高校で英語を学んだ人はほぼ100%でも、中国語を学んだ人はほとんどいないはずです。

 

たとえば、「これはペンです」と英語と中国語で言ってください、とお願いされたらどうでしょうか。

 

ほぼすべての人が英語であれば「This is a pen.」と言うことができます。

 

しかし、中国語で「これはペンです」と言える人は多くはいません。

 

この例から分かるとおり、漢字が分かる中国語以上に文章として分かるのが英語です。

 

中学や高校で学習した英語には、本人には苦手意識しかないとしても、少なからずアドバンテージがあります。

 

これも英語から学ぶことを勧める理由です。

 

次の記事はコチラ:英語は表音文字、日本語は表意文字

 

英語学習コラムトップページへ戻る


サイト情報

英語教材ランキング