これから趣味を持つなら英語が最高

何か新しい趣味を持ちたい・・と考えている人には、「ぜひ英語を趣味にしてください!」と声を大にして言いたいです。

 

勝手ではありますが、失敗しない趣味の選び方というものが私に中にはあります。

 

そして、これにすべて該当しているのが英語です。

 

莫大なお金がかからないこと

 

ゴルフや車などを趣味に持つと、お金が理由で続けられないということや、生活にしわ寄せがくることがあります。

 

最悪の場合は、それによって家族に迷惑がかかることもあります。

 

しかし、これが英語であれば高くても英語教材を買う数万円程度です。

 

そして、それを中長期的に使うことができるので、月ごとで計算をすればわずかなお金ですむことになります。

 

 

長期的に続けられること

 

趣味は継続することで高みにのぼることができるのですが、いろいろな理由で長期的に続けられない趣味というものがあります。

 

スポーツなどはこの典型例で、激しいものは年齢の経過とともに「引退」という二文字を気にする必要があります。

 

皮肉なことに、経験が増えても年齢とともにパフォーマンスが下がっていくのもこの手の趣味です。

 

また、季節や期間限定のものなどで、継続できるかどうかの決定権がこちらにない趣味も長期的には続けることはできません。

 

英語であれば、何歳になっても続けることができ、また経験が増えるにつれて上達していきます。

 

そして、自分の意思で継続を決定することができます。

 

 

自宅でスキマ時間でもできること

 

スノーボードなども趣味として人気なのですが、いつでもすぐにできるわけではありません。

 

準備に時間がかかり、スキー場に行くのに時間がかかり、帰るのにも、片付けにも・・・

 

そして、スキマ時間にできるということもありません。

 

さらには季節の影響も受けてしまいます。

 

このように、すぐにできない、スキマ時間にできない趣味というのも高みを目指す趣味としては不適切に感じます。

 

やはり、英語のように自宅でいつでも、たった5分でもできる趣味の方が楽しめる量が多くなります。

 

 

自己のスキルアップにつながること

 

趣味を持つなら自己のスキルアップにつながることの方が絶対に得です。

 

パチンコが趣味という人もいますが、パチンコでコンスタントに勝って生活の足しになっているのなら問題ありませんが、パチンコにそれほど情熱をさいて何を手に入れているのか、私はちょっと不思議に思います。

 

趣味を楽しんで、その結果、仕事でも大きく役に立つ、このような趣味が理想です。

 

そういう意味では、英語は最適です。

 

就職や転職にも有利になりますし、英語ができることで生活の幅も広がります。

 

 

周りから評価されること

 

あなたに娘がいると仮定します。

 

娘が「私、この人と結婚する!」と言って男性をあなたの元に連れてきたとします。

 

そのとき、その男性が「趣味はパチンコです」と答えるのと「趣味は英会話です」と答えるのではどちらの方が印象が良いでしょうか。

 

あなたの趣味がパチンコであれば前者かもしれませんが、だいたいは後者の「趣味は英会話」と答えた男性に好感を持つはずです。

 

この例のとおり、趣味を持つのなら、自分の周りから評価されることや、役に立てることの方がベターです。

 

私はこれまでの人生でモテたことなど一度もありませんが、そんな私でさえも「英語が話せてカッコイイ」「英語が話せるからってカッコつけるな」と言われることがよくあります。

 

これは私がカッコイイということでは一切ありませんが、「英語=カッコイイ」というイメージが人々の中に定着しているからこそ、こう言われるわけです。

 

これまでの人生でモテたことなど一度もない私でさえも英語のおかげでカッコイイと言われてしまうように、周りからの評価を上げてくれる英語は趣味として最高です。

 

英語を趣味にすることはあなたの知性を周りに対して示すことにつながり、英語ができることはあなたに対する周りの目を変えることにつながります。

 

 

たしかに、娯楽的な要素が強い趣味に比べて英語は快感という意味では劣ります。

 

しかし、これだけしっかりとしたメリットがある英語を趣味にすれば、家族も応援をしてくれることだと思いますし、自分としても大きなプラスになります。

 

これから趣味を持つのであれば、英語を検討してみてはいかがでしょうか。

 

これほどリターンの大きな趣味はないと思います。

 

そして、すでに英語を勉強している人は本気で取り組んでみてはどうでしょうか。

 

次の講義はコチラ:ラクして英語を覚える方法の嘘と真実

 

英語学習コラムトップページへ戻る


サイト情報

英語教材ランキング