早い時期から子どもに英語を!は信じるな

様々な雑誌などにある、子どもに習わせたいお稽古は何?というアンケートでは常に英語が第1位になっています。

 

かつてはピアノやスイミングが英語を抜いて第1位になることもあったのですが、ここ最近は英語が盤石の1位。

 

2位との差が広がるばかりです。

 

このような背景からも分かるとおり、子どもに対する英語教育の意識が非常に高くなっています。

 

そのためか、「子どもに英語をと考えています」「どれが子どもでもできる教材ですか」という内容のメール相談を私もよくいただきます。

 

「なぜそう思われたのですか?」と聞くと、

自分が英語ができなくて苦労をしたから子どもには同じ思いをさせたくない

 

これからは国際社会だから英語ができないとダメな時代になってきている

という理由を挙げる人が多いです。

 

しかし、中には「早く始めた方がいいと言われたから」との回答をもらうこともあります。

 

自発的ではない理由に違和感をおぼえたためさらに詳しく話を聞いていくと、「周りの始めている人からそう言われたから」ということです。

 

「周りの人はどうして始められたのですか?」というやりとりをしていくと、子ども向けの英語教材の業者などが「早く早く」という煽りを入れていることに触発されて始めていることが分かりました。

 

親として焦る気持ちもよく理解できますが、私としては子どものうちから焦ってやる必要などないと思います。

 

実際に私は大人になってから英語を覚えました。

 

私の勤める会社は英語が話せることが採用条件なので社員のほぼ全員が英語を話すことができます。

 

しかし、この中の半分以上の人が大人になってから英語を覚えた人です。

 

つまりは無理して子どものうちから英語を始めなくても英語の習得は十分に可能ということです。

 

早く始めるのは有利かもしれない、だけどそれより大切なことは本人が英語を学びたいかどうかだと思います。

 

何歳の子どもにしても本人が英語に興味がないのに親の意思で無理に英語をやらせると、英語に対して拒絶反応を起こし、一生英語が嫌いになってしまうのが現実です。

 

今の時代にこうなってしまったら致命傷です。

 

私は幼少期に親から英語の勉強を強制されたことはありません。

 

ですが、自分が英語が好きだったし、英語を使う仕事がしたいという希望があったので、大きくなってから自分の意思で英語の勉強をしました。

 

このように自分が求めていれば何歳になっても英語を学ぶものです。

 

早い時期から始めた方がいいというのは、教材を売りたい業者の都合であって、こちらのことを思った発言ではありません。

 

とにかく早くあなたに教材を買わせたいのです。

 

あなたがよその業者の教材を買ってしまう前に自分たちの教材を何としてでも売りたいのです。

 

その後のことなんて知ったことではありません。

 

だからこそ「早く早く」と煽るのです。

 

教材の販売業者は売るまでがゴールです。

 

教材が売れればその後はどうでもいい、これくらいに思っておいた方がいいでしょう。

 

それに対して私たちは英語が話せるようになることがゴールです。

 

このようにゴールが違うのです。

 

「早く始めなさい」は教材業者のゴールのための発言だと私は思っています。

 

子どもの人生を思ってお金をつかおうとする人ほど注意が必要です。

 

なぜか子ども用の教材は驚くほど高いものがあります。

 

あの有名キャラクターを題材にした教材がその典型です。

 

それだけのお金をつかうのであれば、もっと他につかい道はないかを考えてみましょう。

 

ちなみにまだ日本語も話せないような子どもに英語を覚えさせようとすると、英語を覚えることができても日本語の能力が低くなるという説をよく耳にします。

 

検証したわけではありませんが、この説が正しいと私は思います。

 

なぜなら、英語のみを学べば日本語が犠牲になるし、日本語と英語を同時に学べば幼い子どもは今自分が学んでいるのは英語なのか、それとも日本語なのかすら判断ができないはずだからです。

 

つまりは、頭の中がぐちゃぐちゃな状態になってしまい、どちらの言葉の運用能力も下がるというわけです。

 

こうなってしまったら何のために英語を学んでいるのか分かりません。

 

優先すべきは日本語、そしてプラスアルファとして英語の能力だと私は思います。

 

仮に英語が話せても、日本語の能力が世間一般よりも低くなってしまえば、国語、数学、理科、社会と4つの教科で苦労をすることになるだけです。

 

そうなってしまえば大学受験はおろか、高校受験でさえもボロボロの結果になります。

 

いずれにしても、子どもに聞いてみて「やりたい」と言えばやらせてあげる、そう言わないのであれば無理にやらせない、これが親として大切なことだと思います。

 

イチロー選手が小さいころからバッティングセンターに通っていたという話を聞いて、何事も早い方が有利なのだと考えるものですが、あれは前提として、イチロー選手本人がバッティングセンターが好きだったからです。

 

決して、親に強制的にバッティングセンターに連れて行かれていたわけではないと思います。

 

強制ほど人を不快な思いにさせ、反発心を抱くことはありません。

 

本当にやりたいことをやらせてあげる、このスタンスがまだ見ぬ才能を発掘させ、子どもを幸せにさせるのではないでしょうか。

 

次の記事はコチラ:英語教材の未来像、あの業者は潰れる

 

英語学習コラムトップページへ戻る


サイト情報

英語教材ランキング