口語と文語で動詞を使い分ける

下に書いたのは、ともに「〜を延期する」という意味の動詞です。

postpone

 

put off

 

違いと言えば「1つの単語」か「複数の単語か」ということです。

 

それでは「これら2つをどのように使い分ければいいの?」「違いは何なの?」ということについて今回は説明していきます。

 

まず定義として、「put off」のような複数の単語から成り立つ動詞を「句動詞」と言います。

 

「動詞+副詞」や「動詞+前置詞」などの形のものが句動詞というわけです。

 

「postpone」と「put off」のように同じ意味の動詞でもネイティブスピーカーは使い分けをしています。

 

どのように使い分けをするかと言うと、「postpone」は文語で好んで使い、「put off」は口語で好んで使うということです。

 

文語とは文章で記述する英語のことであり、口語とは日常の会話などの会話での英語のことを言います。

 

文章、特にビジネス系の文章で「〜を延期する」と記述する場合は「postpone」を使います。

 

当然のことですが、少ない語数で文章を書き表した方が、文章が煩雑にならず読みやすいからです。

 

そして、日常的な会話で「〜を延期する」と言う場合は「put off」を使います。

 

イメージとして文語である「postpone」はちょっと格式ばった感じがあり、口語である「put off」は少しラフな感じです。

 

そのため、ラフな感じを出したくない場合は、会話の中でも「postpone」を使います。

 

これをルールとして表すのであれば以下のとおりです。

1語で表記する動詞は文語的であり丁寧

 

複数の単語で表記する句動詞は口語的でありラフ

 

ネイティブスピーカーや英語の上級者は意識的にこのような使い分けをしています。

 

しかし、実際にはこのような動詞の使い分けができなくても、同じ意味を持つ単語なので、英語としては問題なく通じるものです。

 

そのため、はじめのうちは意識せずどちらか1つを覚えてそれを使えるようにしておけば問題はありません。

 

両方を覚えようとすると負荷が2倍になってしまうので、はじめから無理はしないのが一番です。

 

すでにこのレベルを抜けて英語の上級者を目指したり、ビジネスで英語を使うような立場の人であれば、意識して使い分けるようにした方が良いでしょう。

 

知らなくても害はないですが、知っておいて損はしない知識です。

 

次の講義はコチラ:than I?than me?正しいのはどっち?

 

英語学習コラムトップページへ戻る


サイト情報

英語教材ランキング