スピーキングができるとはどのような状態か

英語と言えばやはりスピーキングでしょう。

 

もっとも身につけたい英語スキルとしてスピーキングを挙げる人が圧倒的多数ですし、英語を勉強している人の目的はやはり「英語が話せるようになりたい」ということだと思います。

 

「あの人、英語が話せるからかっこいいな」とか「あの人は英語ペラペラなんだって」とは言いますが、「あの人、英語が読めるからかっこいいな」とか「あの人は英語がスラスラ読めるんだって」とは聞きませんし、言いません。

 

それくらいスピーキングは英語において主と考えられるスキルです。

 

それでは、「英語が話せる=スピーキングができる」とはどんな状態かということについて説明をしていきます。

「スピーキングができる」の定義

 

・正しい発音ができる

 

・アクセントが不自然ではない

 

・イントネーションが不自然ではない

 

・会話のリズムがしっかりしている

 

・会話にスムーズさ(流暢さ)がある

 

・文法的や表現的に正しさがある

 

・語彙力がある

 

・言いたいことを英語で表現できる

 

・瞬発的に話すことができる

 

あくまでも理想ですが、これらすべての技能がそろってスピーキングができるという状態だと私は考えています。

 

ネイティブスピーカーはこれらすべてを無意識にできているわけです。

 

私たちも日本語であればこれらすべてをできていることが実感できるはずです。

 

私も今現在すべてが完璧というわけではありませんが、これらすべてをバランス良く身につけていくことで英語が話せるようになっていきます。

 

ポイントはバランス良くということです。

 

偏った学習ではダメです。

 

言いたことを英語で表現できても発音やイントネーションがおかしかったり、文法や単語はたくさん知っていてもそれが瞬時に会話として口から出てこなかったりというように偏った学習では不完全なスピーキングしかできるようになりません。

 

そのため、発音も意識し、文法や単語も覚え、話す練習もしていくという総合的な学習がスピーキングには必要になります。

 

いきなりこれだけ多くのことを学ばないといけないとお伝えをして、これから英語を勉強しようと考えている人に気が遠くなる思いをさせたかもしれません。

 

しかし、ご安心ください。

 

千里の道も一歩からという言葉があるように、順番に少しずつできるように勉強をしていくだけなので焦る必要はありません。

 

私を含め英語が話せる人ももともとは初心者でした。

 

そして、一歩ずつ着実に勉強を進めることで、英語が話せるようになっていきました。

 

これは、英語が話せるようになるために誰もが通らなければならない道です。

 

それをあなたも通るだけです。

 

もちろん時間はかかります。

 

そして、うまくいかないこともたくさんあります。

 

しかし、勉強を重ね、上達するにつれてどんどん英語が楽しくなり、勉強が加速していきます。

 

このように少しずつ上達して形になっていくものなので、今を悲観する必要はありません。

 

また、意外に思われるかもしれませんが、実はスピーキングはあなたが思う以上に簡単であるというのが事実です。

 

そして、簡単な英会話くらいならば1年もかからないうちにマスターできてしまうものです。

 

引き続き、どうすれば簡単な英会話をマスターできるのか、ステップごとに事細かに解説をしていきます。

 

興味のある人はぜひお付き合いください。

 

次の講義はコチラ:スピーキングの第一歩は心のブレーキを外すこと

 

英語学習コラムトップページへ戻る


サイト情報

英語教材ランキング