ネイティブイングリッシュの内容を大暴露

ネイティブイングリッシュ13

テキストの内容

ネイティブイングリッシュはテキストの冒頭に「本教材の特徴」として、テキストの内容とCDの構成について説明がされています。

 

この説明を読むだけでもいかにネイティブイングリッシュが英語学習理論に則って作られているかが分かります。

 

詳細については後述します。

 

ネイティブイングリッシュ14

 

それに引き続き「効果的な学習方法」という題で、どのように勉強をしていけばよいのかという具体的な学習方法と、学習スケジュールについても説明があります。

 

従来の聞くだけの教材は「ただ聞くだけでOKです」という趣旨であり、教材によっては学習方法について具体的な説明などがありません。

 

それと比較して、ネイティブイングリッシュではスピーキングとリスニングの両方の側面からどのように教材を活用して学習していけばよいのかを明確にしてくれているため、学習に際しての迷いがなくなります。

 

特にこれから英会話に挑戦する初心者にとってこれはありがたいことです。

 

ネイティブイングリッシュのテキストは4つのメニューで構成されています。

  1. Conversation(会話)
  2.  

  3. Phrases(フレーズ)
  4.  

  5. Article(記事)
  6.  

  7. Column(コラム)

 

Conversationは様々なシーンでの男女二者間の会話についてのスクリプト(台本)です。

 

PhrasesはConversationの中で登場した重要な英会話フレーズをピックアップして解説や類似表現とともに学習していきます。

 

ArticleとColumnの登場頻度は高くはありませんが、Articleは英字新聞のようなテイストと内容で少し高度な英語を学習します。

 

ネイティブイングリッシュ16

 

あくまでもテイストが英字新聞というだけで内容は英字新聞よりも簡単です。

 

しかしながら、英字新聞を読むかのような感覚を体験することができます。

 

Columnはチップの渡し方などのアメリカ文化や「aとtheの使い分け」など知っていると日常英会話で役立つ情報を学ぶことができます。

 

ネイティブイングリッシュで学ぶ英会話表現はどれも基礎的でネイティブスピーカーが実際の生活の中でよく使うものが中心です。

 

目次を抽出すれば、基本のあいさつ、自己紹介、相手に質問する、別れ際のあいさつ、ホテルでチェックイン、レストランの予約など、英語を話すとなれば必ず遭遇するシーンばかりです。

 

このような内容でテキスト192ページに渡ってミッチリ学習していきます。

 

 

ネイティブイングリッシュ03

CDの内容

ネイティブイングリッシュのCDは4種類の音声で構成されています。

■ネイティブイングリッシュのCDの構成

 

  1. 英会話フレーズを聞いて理解するためのリスニング用CD6枚
  2.  

  3. 英会話フレーズを話す練習をするスピーキング用CD6枚
  4.  

  5. 英会話シーンを聞き流すリスニング用CD3枚
  6.  

  7. ニュアンスの解説を聞くCD3枚

 

「1」は英会話フレーズを聞いて理解するリスニング用で、音声は「英語(高速)→日本語訳(高速)→英語(通常速度)→日本語訳(通常速度)」という順序になっています。

 

これにより、英語を聞いてその意味を瞬時に考える力が身につき、速い英語の音から通常速度の英語にスピードダウンすることで、通常速度の英語がより聞き取りやすくなります。

 

「2」は「1」で聞いて理解した英会話フレーズを話せるようになるためのスピーキング用のCDです。

 

音声は「日本語訳(通常速度)→空白→英語(スロー)→空白→英語(通常速度)」という順序になっています。

 

日本語訳を聞いて、その後の音声の空白を使ってそれを英語で何と言うか自分の口から話してみる、スロースピードの英語が流れるので自分が話した英語が正しかったかを確認しつつ、音声の空白を使って再度口にする、そして最後にもう一度英語を聞いて確かめるということができます。

 

スピーキングとリスニングともに効果的な学習をするために、スピーキング用とリスニング用の2種類のCDがあるのがネイティブイングリッシュの大きな特徴です。

 

「3」は英会話シーンを聞き流す用のCDで、音声は英語のみの通常速度になっています。

 

これによって会話の流れが理解できるようになったり、リスニングが強化されたりします。

 

ネイティブイングリッシュ11

 

「4」のCDでは、ネイティブイングリッシュで学習した英会話フレーズに含まれるニュアンスやその正しい使い方・間違った使い方などについての解説を日本語で聞いて学習していきます。

 

このCDはプロのラジオDJでバイリンガルのマイケル・リーヴァスさんを起用し、バックミュージックや演出などにもすごく凝っています。

 

まるでラジオの英語学習番組を聞いているかのような感じで、ストレスなく学習することができてしまいます。

 

テキストで解説を読んで学ぶというスタイルと比べ、音声で解説を聞いて学ぶというスタイルはラクで理解もしやすいです。

 

これもネイティブイングリッシュの特徴の1つです。

 

ネイティブイングリッシュ29

特典のビジネス英語について

ネイティブイングリッシュを購入すると、特典としてネイティブイングリッシュのビジネス英語版をもらうことができます。

 

この教材名は「ネイティブイングリッシュビジネス」で通常価格は9,800円です。

 

ネイティブイングリッシュは日常英会話を学ぶ教材ですが、ネイティブイングリッシュビジネスではその名の通り、ビジネス英語について学習することができます。

 

学習方法はネイティブイングリッシュと同じで、スピーキングとリスニングの両方を効果的に鍛えられます。

 

テキスト32ページでCD4枚という内容量のため、これだけでビジネス英語が解決という内容ではありませんが、ビジネス英語の基礎を作ることは十分に可能です。

 

まずはネイティブイングリッシュで日常英会話をマスターし、仕事で英語を使いたい人はその次のステップとしてネイティブイングリッシュビジネスを活用してビジネス英語を学ぶとよいでしょう。

 

以上のようにネイティブイングリッシュは学習方法と教材としてのボリュームともに優れた教材です。

 

公式通販サイトへ

おすすめ英語教材ランキング

 

おすすめ英会話教材ランキング

 

失敗英語教材ランキング

 

ネイティブイングリッシュ01


サイト情報

英語教材ランキング

出版社の方へ