分詞構文の否定形の作り方

チェックポイント まずはこれだけ覚える!

 

 

分詞構文の否定形は、文頭に否定の「Not」をつけるだけ!

 

今回の講義では、分詞構文の否定形の作り方について説明してきます。

 

〜目次〜

 

分詞構文の否定形の作り方

 

分詞構文の否定形の作り方はすごく簡単で、文頭に否定の「Not」をつけるだけです。

 

文頭に「not」を置くことが多いので、「Not」というように大文字で書き出すようにしましょう。

 

以下の例文は分詞構文の否定形です。

 

Not studying hard, you can't pass this exam.
一生懸命勉強しなかったら、この試験をパスできません。

 

この文章を、接続詞を用いた文章に書き換えると、以下になります。

 

If you don't study hard, you can't pass this exam.

 

注意点としては、前の文章の主語とうしろの文章の主語が一致している場合のみ、分詞構文の否定形にできるということです。

 

前の文章の主語とうしろの文章の主語が一致していない場合は、分詞構文にすることができません。

 

公式的に分詞構文の否定形の作り方を表すと、以下となります。

■分詞構文の否定形への書き換え
【もともとの文章】
接続詞 S not V1, S V2.

 

【分詞構文に書き換え】
Not V1ing, S V2.

 

※V1とV2の時制が一致していることが条件

 

復習を含め、否定形ではない通常の分詞構文の文章を確認しておきましょう。

 

Studying hard, you can pass this exam.
一生懸命勉強すればこの試験をパスできます。

 

通常の分詞構文の文頭に「not」を置くことで、分詞構文の否定形となります。

 

 

強い否定を表す「never」を用いた分詞構文の否定形

 

「not」よりも強力な否定を表す「never」を用いても分詞構文の否定形を作ることができます。

 

以下はその例文です。

 

Never smoking, you can recover your health.
二度とタバコを吸わなければ、あなたは健康を取り戻すことができます。

 

「never」には「二度と〜ない」という意味があるので、「not」を用いた場合よりも、上の例文は強力な否定の意味を表しています。

 

否定語はその直後にくるものを否定するという働きがあるので、否定したい分詞構文の前に「not」か「never」を置くだけのことです。

 

注意点としては「not」の場合と同じで、文頭に「never」を置く場合は、忘れずに「Never」というように大文字で書き出すようにしましょう。

 

 

 

 

分詞構文の否定形はすごくシンプルで、「Not」を文頭に置くだけです。

 

ただし、通常の分詞構文と同様に、前の主語とうしろの主語が一致していることが条件です。

 

通常の分詞構文と同様に、分詞構文の否定形も文章でよく用いられる表現であり、会話ではあまり使用しないイメージです。

 

 

 

次の講義はコチラ:分詞構文の受動態の作り方

 

英太イチオシ!タダで英会話を学ぶならコレ!

 

英文法講義トップページへ戻る


サイト情報

英語教材ランキング