こんな教材にはちょっと注意!

英語教材を買うとき、自宅に届くまで中身が分からないということが普通です。

 

特に返品や返金保証のない教材については買ってから実際に使ってみるまでドキドキです。

 

逆に保証があるものであれば、まずは買ってみる、そして使ってから判断するということができます。

 

その点は安心です。

 

しかし、ここで1つ注意してほしいことがあります。

 

それは中途半端な保証の教材があるということです。

 

それはエブリデイイングリッシュです。

 

エブリデイイングリッシュ

 

「保証あり」と強調されていますが、この保証にはちょっと裏があります。

 

それは開封してしまったら保証を受けることができないということです。

 

どういうことかというと、注文をすると自宅にエブリデイイングリッシュとお試しセットのCDが届きます。

 

ここで開封していいのはお試しセットのCDだけです。

 

もしエブリデイイングリッシュを開封してしまった場合は保証を受けることができません。

 

これと同じ仕組を取っている教材は他にもあります。

 

スーパーエルマーやスピードラーニングも注文の仕方によってはお試しセットと初回のセットが届きます。

 

そしてエブリデイイングリッシュと同様に初回のセットを開封してしまうと返品ができなくなります。

 

しかし、この2つの教材は「保証あり」ということは言われていません。

 

「お試しセットはあるが保証はない」というスタンスです。

 

なぜ同じ仕組なのにエブリデイイングリッシュだけが「保証あり」と言っているのか、私はちょっとおかしいなと思いました。

 

教材の本編を開けてしまっても全額返金保証が受けられる教材というのが本当の「保証あり」だと思います。

 

「保証あり」という言葉を使いたいのはよく理解できますが、消費者からしたら分かりづらいことです。

 

しかも「30日間とか60日間保証あり」みたいな感じになっていますが、お試しセットをこんな長期間聞くという想定もおかしなものだと感じました。

 

お試しセットがあることはすごく良心的でありがたいですが、量はわずかなのでそれだけで内容を判断するのは簡単ではありません。

 

実際の教材の中身を見てから保証を受けることができるものと、お試ししか見れないものがある。

 

こういった違いがあるので、この点を注意しながら教材選びをしてみてください。

 

また、無料のお試しと言えど、いかなる教材でも一度取り寄せると後に営業の電話やメールが来るのはよくあることなので、このあたりも想定しておいた方が良いでしょう。

 

ちなみに私の友人の弁護士は、無料セットとともに有料の本編を送るのは、しっかりと許可を取らなければ法的にグレーゾーンであると言っています。

 

まあ、販売サイトにその旨が書かれているので法的にはまったく問題ありませんが。

 

次の記事はコチラ:子どものように英語を学ぶ教材の嘘と本当

 

英語学習コラムトップページへ戻る


サイト情報

英語教材ランキング

出版社の方へ