How is the weather?の解説

How is the weather?とその回答

【日本語訳】天気はどうですか?

 

【使い方とニュアンスの解説】
「How is the weather?」は、日本語に訳すと「天気はどうですか?」という意味で、もっともポピュラーな天気の尋ね方です。

 

今回詳しく解説したいのは、この「How is the weather?」に対する回答の仕方です。

 

日本の学校の授業では、

 

How is the weather?
天気はどうですか?

 

と聞かれた場合、

 

It's sunny.
晴れです。

 

It's cloudy.
曇りです。

 

It's rainy.
雨です。

 

などと答えるように教えられています。

 

しかし、このように「be動詞+形容詞」の形での回答をするのはアメリカのネイティブスピーカーの答え方はちょっと違います。

 

「How is the weather?」に対して「晴れている」「曇っている」「風が強い」など、現在の状態を漠然と答える場合は「It's sunny.」「It's cloudy.」「It's windy.」などと答えてもかまいません。

 

しかし、「雨が降っている」「雪が降っている」「嵐が吹いている」など、事象が現在進行形で起こっている場合は「It's rainy.」「It's snowy.」「It's stormy.」と言う人はほとんどおらず、代わりに「rain」「snow」「storm」をing形にして答えるのが一般的です。

 

現在進行形で「今まさに雨が降っているよ」というニュアンスがing形の回答には含まれています。

 

例えば、

 

How is the weather in Tokyo, today?
東京の今日の天気はどうですか?

 

と聞かれたら、

 

It's raining today, so I've been at home all day.
雨が降っています。だから1日中家にいます。

 

というように答えます。

 

目の前で雨が降っているのであれば「It's rainy.」ではなく、「It's raining.」と答えるのが自然です。

 

最後に注意事項ですが、「the weather」というように必ず冠詞「the」を付けるようにしてください。

 

次は、人に何かお願いをするときに使う英会話表現を紹介していきます。

 

 

次のネイティブ英会話表現はコチラ

 

 

■〜してくれますか?
Can you 〜? Could you 〜?

 

本当によく使うネイティブ英会話表現トップページへ


サイト情報

英語教材ランキング