How are you doing?についての解説

How are you doing?

【日本語訳】調子はどうですか?

 

【使い方とニュアンスの解説】
日本の小学校や中学校の英語の授業では、あいさつの言葉として「How are you?」をよく使います。

 

これを日本語に訳すと、「調子はどうですか?」という意味になります。

 

「How are you?」と聞かれた場合、

 

I'm good.
良いです。

 

I'm not so good.
そんなに良くないです。

 

などのように、その時の感情や状態を言い返します。

 

「How are you?」を使うときと同じような場面で、今回紹介する「How are you doing?」という表現もよく使われています。

 

「How are you doing?」は「How are you?」とほぼ同じで、日本語に訳すと「調子はどうですか?」という意味になります。

 

ともにアメリカの日常生活でよく使われている表現で、日本人であっても誰もが聞いたことのある表現です。

 

また、「How are you doing?」は相手のことを聞きたいときだけでなく、相手の家族や友達のことを聞きたいときにも使うことができます。

 

「are」を「is」にして「How is James doing?」や「How is your wife doing?」などのような質問をすることができる便利な表現です。

 

「How are you doing?」は「How are you?」と同じくらい丁寧な言い方なので、年上、年下関係なく誰にでも使うことができます。

 

「are」を抜いて「How you doing?」と言う人もいます。

 

この言い方もアメリカネイティブはよく使い、また、よく耳にしますが、文法的には間違っています。

 

友達同士や通り過がりの人であれば使ってもかまいませんが、目上の人に使うと失礼になってしまうので注意が必要です。

 

ネイティブっぽさを出したい場合に限って使える表現と言えますが、英語の上級者でないうちは積極的に使うべきではないでしょう。

 

 

次のネイティブ英会話表現はコチラ

 

 

■今までどんな感じでしたか?
How have you been?

 

本当によく使うネイティブ英会話表現トップページへ


サイト情報

英語教材ランキング