fly

flyってこんな意味もあるんです

fly

【日本語訳】〜を高速でします。

 

【使い方とニュアンスの解説】
今回は「fly」という動詞について、日本人があまり知らない使い方を説明していきます。

 

日本では「fly」の名詞形にあたる「flying」は、マラソンなどでよく言われる「フライング(不正スタート)」の意味として使われています。

 

実際のところ「フライング」は英語で「breakaway」であり、「フライング」はジャパニーズイングリッシュです。

 

そのため、ネイティブスピーカーに「フライング」と言っても、このような意味としては通じません。

 

また、「フライング」の意味ではなく、英語として私たちに馴染みのある「fly」の使い方は以下のようなものです。

 

This plane is flying to San Francisco.
この飛行機はサンフランシスコに飛んでいます/向かっています。

 

このように、動詞の「飛ぶ」という意味として知られています。

 

しかし、これとは別に「fly」にはもう1つの意味があり、それが以下の文章での使い方です。

 

I was in a rush, so I was flying on the freeway.

 

上の一文を直接日本語に訳すと、

 

「私は急いでいたので、高速道路を飛んでいました。」

 

という意味になりますが、これは正しくはありません。

 

ネイティブスピーカーが使っている意味で日本語に訳すならば、

 

「私は急いでいたので、高速道路でスピードを出しました。」

 

という意味になります。

 

この例文では、「スピードを出します」という意味になりますが、厳密には「fly」は「〜を高速でします。」という意味で使われていると思った方がよいです。

 

I flew through this book in two days.
私は2日間でこの本を高速で読み終わりました。
※flewはflyの過去形

 

乗り物のことだけではなく、通常の動作を高速でしたと言いたい時にも使うことができます。

 

何かを速く行うさまを動詞の「fly」を使って表現するということを覚えておきましょう。

 

この表現はだいたい若者の間で使われているので、友達同士の場面でのみ使うようにしましょう。

 

ビジネスのシーンでの使用には適しません。

 

実際に、辞書には「飛ぶように走る」や「(時間などが)飛ぶようにすぎる」など「高速」をイメージできる意味は掲載されていますが、ここで紹介した「〜を高速でする」という意味は掲載されていません。

 

このような理由からも、若者の間で使われる特有の表現であることが分かります。

 

次は英語での電話での基本的な表現について説明をしていきます。

 

 

次のネイティブ英会話表現はコチラ

 

 

■電話での基本的な表現
This is〜. May/Can I ask who is calling?

 

本当によく使うネイティブ英会話表現トップページへ


サイト情報

英語教材ランキング