「don't mind」は「気にしません」

don't mind

【日本語訳】気にしません

 

【使い方とニュアンスの解説】
日本語で「ドンマイ」という言葉を使っている人、聞いたがことがある人は100%に近いと思います。

 

「ドンマイ」はジャパニーズイングリッシュ(和製英語)で、実は英語の「don't mind」という表現が元になっています。

 

英語での発音を無理にカタカナで表すと「ドンマイン」のようになり、おそらくこれが日本人には「ドンマイ」と聞こえたのでしょう。

 

日本人にとって「ドンマイ」は「気にしないで」、または「心配しないで」という意味として使われています。

 

スポーツでミスをした選手にチームメイトが「ドンマイ」と言うのは定番の使い方です。

 

しかし英語では、そもそも日本語のように「ドンマイ!」という具合に「Don't mind!」を単独で使うことはありません。

 

また、英語では「don't mind」は「気にしないで」という意味としては使いません。

 

「don't mind」の意味は「気にしないで」ではなく、「気にしていません」または「気にしません」です。

 

I don't mind if you use my car.
あなたが私の車を使っても、私は気にしません。

 

You don't mind if I borrow a pencil, do you?
私が鉛筆を借りても、あなたは気にしないですね?

 

上の例文のように「気にしません」という意味で「don't mind」は使われます。

 

英語の「don't mind」は日本語の「ドンマイ」とは意味が違うので注意が必要です。

 

「mind」を用いて英語で「気にしないで」と言いたい場合は「never mind」を使います

 

Never mind.
気にしないで。心配しないで。

 

「〜については気にしないで」と言いたい場合は、「never mind about 〜」を使います。

 

Never mind about it.
それについては気にしないで。

 

「Never mind.」と同じ意味で「Don't worry.」という表現もあります。

 

「Don't worry.」は語尾を上げるように発音をします。

 

「worry」は動詞で、「心配する、気にする」という意味です。

 

「〜を心配する」と言いたい場合は「worry about 〜」とします。

 

「〜」の部分には名詞が入ります。

 

Don't worry about it.
それについては気にしないでね。

 

この表現はよく使われるので、そのまま暗記しておきましょう。

 

「Never mind.」や「Don't worry.」と同じく「気にしないで」という意味を表す表現は他にも以下のようなものがあります。

 

It's okay!
大丈夫だよ!

 

It's all right(alright)!
問題ないさ!

 

It's not a big deal.
大したことないよ。

 

ちなみに日本語で「オーライ」と言いますが、これも「all right(alright)」から来ています。

 

 

次のネイティブ英会話表現はコチラ

 

 

■〜を高速でします。
fly

 

本当によく使うネイティブ英会話表現トップページへ


サイト情報

英語教材ランキング