太いシャーペンを入手する

※この記事は2016年5月から始まった新TOEICに対応しています。

 

ここでは、英語を一切勉強することなく、TOEICの点数が上がるワザ(裏ワザとも言えるかもしれません)を紹介していきます。

 

TOEICはリスニング100問、リーディング100問の合計200問です。

 

試験中、これらすべてのマークシートを塗りつぶす必要があります。

 

1つ2秒で塗りつぶしても全部で400秒、つまり7分近い時間がかかるわけです。

 

この時間は高得点を狙う上でもったいない時間です。

 

そこで、このもったいない時間をなくすためにもマークシートを塗る時間を短くしましょう。

 

方法は簡単です。

 

いつもより芯の太いシャープペンシルを使うだけです。

 

インターネットの楽天市場で「シャーペン マークシート」と検索すれば、マークシート用のシャーペンが出てきます。

 

マークシート用シャーペン-楽天

 

上の写真は、楽天市場で購入したマークシート用のシャーペンです。

 

価格は250円程度ですが、送料が別なのでトータルでは500円程度しました。

 

500円は高いと感じる人には、下の写真のダイソーで売られているマークシート用のシャーペンをおすすめします。

 

マークシート用シャーペン-ダイソー

 

持つ部分に太さがあるため、楽天市場のマークシート用のシャーペンよりも使いづらいですが、ダイソーで売られているので価格はもちろん100円です。

 

通常のシャーペンは芯の太さが0.5〜0.7mmですが、マークシート用のシャーペンは芯の太さが1.3mmもあります。

 

通常の2倍の太さです。

 

単純に計算して、マークシート用のシャーペンを使えば、従来の半分の時間でマークシートを塗りつぶすことができます。

 

もちろん疲れも半分です。

 

これにより3分程度時間を稼ぐことができます。

 

3分あればパート7の長文を解き進めることができるので、点数を5〜20点程度上げることができます。

 

これはとてもおすすめなのでぜひ試してみてください。

 

高得点を取っている人はほぼ全員が太いシャーペンを使っていると思います。

 

これは勉強なしで点数を上げられるワザなのでイチオシで、使わない理由はありません。

 

もちろんTOEICの試験のルールで禁止されているわけでもないので、堂々と使ってしまって大丈夫です。

 

(ただし、氏名の記入欄などもあるため、通常のシャーペンも持っていくことを忘れないようにしましょう。)

 

当然ですが、TOEIC以外の試験でも使うことができます。

 

太いシャーペンは一度使えば手放せなくなるものです。

 

この効果を実感したいのであれば、まずは鉛筆の先を丸くしたもので代用して試してみるといいです。

 

普通のシャーペンで塗りつぶすことがいかに非効率であるかが分かります。

 

本当におすすめなので、ぜひ試してみてください。

 

 

 

次の講義はコチラ:試験時間にベストな体調を合わせる

 

TOEIC攻略法トップページへ戻る


サイト情報

英語教材ランキング