微妙なニュアンスの違いに要注意!

ここでは、「料金」を表す以下の英単語のニュアンスの違いについて説明していきます。

「料金」を表す英単語

price
cost
charge
fee
rate
fare
admission
toll

 

price

 

【意味】
価格、値段、物価

 

【ニュアンス】
「price」は商品の価格を表します。

 

つまりは店頭などで商品に付けられている値段や、商品の原価が「price」というわけです。

 

また、「物価」という意味もありますが、これも商品の値段や価値なので「price」となります。

 

 

cost

 

【意味】
価格、値段、費用、代金

 

【ニュアンス】
かかった費用の総額を表すのが「cost」です。

 

上に挙げた「price」は商品の値段や原価を意味するのですが、商品の値段のみならずそれにかかった費用も含むのが「cost」というわけです。

 

つまりは仕入れた商品の値段が「price」で、それを加工するなり梱包するなりした費用も含めたのが「cost」になります。

 

「cost」は日本語としてもよく使われていて、会社では「コストを下げろ、コストを意識しろ」と指示をされたりします。

 

これは商品の値段だけでなく、それに関わる費用を下げろという意味なので、英語と同じニュアンスで使われているわけです。

 

 

charge

 

【意味】
料金、手数料、使用料

 

【ニュアンス】
「price」が商品の値段を意味するのに対し、「charge」は主にサービスの値段を意味します。

 

そのため、ホテルではサービス料を「charge」として表します。

 

「charge」を用いた「free of charge(無料)」「no extra charge(追加料金なし)」もよく使われる表現です。

 

 

fee

 

【意味】
料金、手数料、費用、報酬

 

【ニュアンス】
「fee」も上に挙げた「charge」と同様にサービスに対する値段を表します。

 

違いといえば、「fee」は専門的職業のサービスに対する値段を表すということです。

 

たとえば弁護士に支払う費用、税理士に支払う費用のように知的専門職に対して支払うのが「fee」になります。

 

 

rate

 

【意味】
料金、値段

 

【ニュアンス】
「rate」も料金や値段を表しますが、相対的な料金、変動的な料金というニュアンスがあります。

 

rate of tax・・・税額

 

a weekly rate・・・一週間の料金

 

例として上の2つを挙げましたが、「rate of tax(税額)」に関しては所得額に応じて変動します。

 

「a weekly rate」についても、期間が1時間や1ヶ月となれば料金が変わります。

 

もともと「rate」には「率」や「割合」という意味があるように、変動的な料金に対して「rate」が用いられることが多いです。

 

 

fare

 

【意味】
運賃、交通費

 

【ニュアンス】
「fare」は乗り物に対する料金を表します。

 

an air fare・・・航空費

 

a bus fare・・・バス料金

 

ちなみにですが、遊園地などの乗り物は「fare」を用いません。

 

「price」や「charge」が用いられるのが一般的です。

 

 

admission

 

【意味】
入場料、入園料

 

【ニュアンス】
「admission」には入場料や入園料という意味があります。

 

もともと「admission」は「入場許可」という意味があり、このような理由から入場料や入園料という意味でも使われます。

 

それゆえに、入場料や入園料を「admission charge」や「admission fee」のように表現する場合もあります。

 

 

toll

 

【意味】
通行料

 

【ニュアンス】
「toll」には高速道路や有料道路などの「交通料」という意味があります。

 

日本の高速道路の料金所には「toll gate」との表記があるので、この点からも「toll」のニュアンスが分かります。

 

 

以上、「料金」を表す単語のニュアンスの違いについて説明してきました。

 

最後に「money」についてですが、「money」はお金そのもの、つまり貨幣や紙幣を表します。

 

つまりは、上に説明した「料金」を支払うために差し出すのが「money」というわけです。

 

 

 

次の講義では「something」と「anything」の違いと正しい使い分け方について説明していきます。

 

somethingとanythingの違いと正しい使い分け方とは

 

英文法講義トップページへ戻る


サイト情報

英語教材ランキング