「from scratch」の語源と用法

from scratch (副詞)最初から、ゼロから

 

この「from scratch」という副詞は英語の中〜上級者であれば多くの人が使用していることだと思います。

 

しかし、なぜ「from scratch」が「最初から、ゼロから」という意味になるのでしょうか。

 

今回はその理由を仕入れたので紹介したいです。

 

まずですが、「scratch」という単語を見てみましょう。

 

「scratch」の「scr」には「ガリガリ」や「ゴシゴシ」という意味があります。

 

scratch・・・(ガリガリ)ひっかく

 

script・・・原稿(ガリガリ書いたもの)

 

scrub・・・(ゴシゴシ)磨く・洗う

 

上記のように「scratch」は「ひっかく」という動詞での意味が一般的ですが、マイナーな意味で「床に引かれた試合開始線」という意味もあります。

 

地面をひっかいて書いた線が「scratch」であり、これが「from scratch」の語源になります。

 

私たち日本人は「床に引かれた試合開始線」を「スタートライン」と呼びます。

 

ですが、アメリカ人ネイティブスピーカーはこれを「scratch」と呼ぶわけです。

 

そして、「スタートラインから」、つまり「最初から、ゼロから」という意味で「from scratch」と表現するようになったそうです。

 

用法としては、

 

We should start from scratch.
私たちははじめから出直すべきだ。

 

Mr. Son had built his business up from scratch.
孫さんは何もない状態から彼の事業を築き上げた。

 

のような使い方が一般的です。

 

ちなみに辞書で「start line」で引いてみると該当するものがないので、和製英語であることが分かります。

 

 

 

次のマニアックな英語知識はコチラ

 

respectに関連する単語のいろいろ

 

英文法講義トップページへ戻る


サイト情報

英語教材ランキング