洋楽を使った学習で失敗

洋楽を使った学習は英語の基礎を作る上でとても有効ということは多くの英語のプロが言っています。

 

単語や文法を覚えることができるし、リスニングや発音にも多少効果がありそうな気もします。

 

たしかに多面的に効果があると言って間違いありません。

 

私は中学生のころ、ビートルズの「Yesterday」を授業で歌ったのを覚えています。

 

英語の勉強に抵抗を持つ中学生は多いのですが、歌を通しての勉強にすることで英語に対する抵抗をなくそうという意図があったのだと思います。

 

カリスマ英語講師の安河内哲也さんは、エルトン・ジョンの「Can You Feel the Love Tonight」が練習用にはおすすめと言っていました。

 

理由としては、英語の中で日本人がうまくできない発音がたくさん含まれている曲だからだそうです。

 

基本的に英語の学習で効果があるものは取りあえずすべてやってみるというスタンスなのが私なので、もちろん洋楽を英語の学習に取り入れたこともあります。

 

しかし、私は失敗をしました。

 

これほど誰もが効果があると言う学習法なのに、なぜ?

 

その理由は自覚症状があることとして1つしかありません。

 

私は音感があまり良くはなく、歌を歌うことが苦手だからです。

 

英語を意識する前に音感を意識しないといけない。

 

また、音感が良くない自分は歌を歌うという行為が好きなわけではありません。

 

このように、万人に効果がありそうな学習も私には例外だったということです。

 

さらには洋楽の歌詞というのは使われている表現が一般的な英語ではないとも感じました。

 

当然のことですが、「英文」というよりは「詩」なわけですから、文法的に間違った表現や理解に苦しむものも多数出てきます。

 

つまり、洋楽を通して正しい英語を身につけるとか、日常で使う表現を身につけるということはできないということです。

 

私のように音感がない人には洋楽を使った学習をすることはおすすめしません。

 

逆に音感がある人は洋楽を使った学習を取り入れても良いとは思いますが、洋楽の英文は「詩」であることは忘れないようにした方がいいです。

 

日常的な表現や文法的に正しい表現が身につくわけではないということを理解した上で活用しましょう。

 

この点を理解した上で行うのであれば、歌を歌うことが好きな人や音感が良い人にはピッタリな学習方法だと感じました。

 

まさに、楽しみながら英語の上達も期待できるので。

 

洋楽を使った学習がうまくいかなかったことに対して悔しいとはじめは思いました。

 

しかし、できないことは仕方がありませんので、それ以降、洋楽を使った学習はしていません。

 

洋楽を使った学習について具体的な方法論などを書きたいという思いはあったのですが、自分ができないものは書けません。

 

他の勉強法と共通することとして、同じ曲を何回も繰り返し歌うと効果が高くなるとは言えそうです。

 

また、必ず歌詞カードを見て、音と単語を照合しておいた方がいいのも間違いないと思います。

 

学びとして言えることは、自分に合わない学習方法は無理をして続けないということです。

 

次の記事はコチラ:英語力は年収に反映されるのか

 

英語学習コラムトップページへ戻る


サイト情報

英語教材ランキング