はじめは日本人と練習する

教材を使って英会話の勉強をしていると、だんだん英語が話せるようになっていきます。

 

そして、「実際に外国人と話してみたい!」という気持ちになるものです。

 

ですが、いきなり外国人と話すことが正しいとは私は思いません。

 

経験として外国人と英語で話すことは良いのですが、練習と考えるのであれば、はじめのうちは英語が話せる日本人と会話の練習をするべきです。

 

英会話の初心者にとって、ネイティブスピーカーとの会話の練習はハードルが高すぎます。

 

日本語も話せるネイティブスピーカーであれば問題ないのですが、日本語が難しいゆえに日本語を話せるネイティブスピーカーはなかなかいないものです。

 

そのため、初心者は会話の中で分からないことがあったときに日本語で聞いてしまうということができません。

 

つまり、仮に分からないこととかがあったとしても、それらについてアドバイスをもらうことができないのです。

 

逆にこれが英語と日本語の両方を話せる人とのレッスンであれば、いけるところまで英語で話して、分からなくなったら日本語で聞いてしまうということができます。

 

英語の上級者であれば英語のみで会話をするという縛りが上達につながります。

 

しかし、初心者であればそうとは限らず、むしろ得るものが少なくなります。

 

はじめのうちは英語と日本語の両方を話すことができる人に手取り足取り教えてもらうことが理想です。

 

そして、今の自分の英語力はどうなのかという評価や直すべきポイントを指摘してもらうこともしておきましょう。

 

やはり日本語で的確な指導をしてもらえることほど初心者にとって有益なことはありません。

 

とはいっても、なかなかこのような素晴らしい人は見つからないのが問題点なのですが、、、

 

そこで、仮に英語が完璧でないとしても、日本人の英語学習者同士で英語で話す練習も効果的です。

 

困ったことがあれば日本語で確認をするということができるのは初心者のうちは大切なことです。

 

また、困ったら日本語で聞けばいいという安心感もプラスに働き、積極的に英語を話せるようになります。

 

可能であれば、普段から仲が良く、気心の知れた日本人との練習をおすすめします。

 

日本語での会話が途切れない人との方が英語でも話しやすいのは言うまでもありません。

 

また、仲が良い人同士であれば、お互いの間違いを指摘しやすいものです。

 

このとき、相手に対して批判的な評論はしないというルールを徹底してください。

 

「◯◯さんのLの発音はおかしい、間違っている」

 

このような批判的な評論は、英語を話そうという行動から人を遠ざけることになってしまいます。

 

そうではなく、

 

「◯◯さんの発音はRとLがしっかりできるようになると完璧に近づく」

 

という具合に、同じ事柄でも肯定的に意見や評価を言い合うようにしましょう。

 

そうすれば、英語を話すことへの恐怖心がなくなり、むしろ積極性が身につき、どんどん上達していきます。

 

ネイティブスピーカーとの会話は憧れますが、初心者のうちはまだまだ得るものが少ないですし、相手にも迷惑がかかります。

 

海外旅行などで英語を話すのであれば、初心者であっても気にせず挑戦をするべきです。

 

しかし、レッスンや練習となれば、それによるリターンを考える必要があります。

 

そういう意味でも、まずは日本人で英語ができる人を見つけレッスンを積むことです。

 

その次のステップとして、ネイティブスピーカーとの会話が待っています。

 

ちなみに私は今でも日本人との英語での会話が好きです。

 

というのも、「この人の英語すごくうまい!」という感動と刺激を与えてくれるのは私と同じ日本人の英語話者だけだからです。

 

そして、これがやる気につながり、自分が目指す次の目標になります。

 

次の講義はコチラ:英会話に必要な丁寧レベルの使い分け

 

英語学習コラムトップページへ戻る


サイト情報

英語教材ランキング