英語教材ならではのメリットとは

「英語を勉強するならなぜ英語教材が一番なの?」

 

その理由をここでは詳しく説明していきたいです。

 

このサイトでは、私がこれまで使用してきた12個の英語教材を辛口評価して紹介しています。

 

そして、私は自ら「英語教材オタク」と名乗るように、英語教材が大好きで、英語を勉強するなら英語教材が一番だと思っています。

 

もちろん私は英語教材以外の英語を学ぶ方法もこれまで経験してきました。

 

今現在も、自分が尊敬する先生がいるという理由で、英会話学校に週1回通っています。

 

オンライン英会話についても、もっとも安いDMM英会話を5ヶ月ほど受講した経験があります。

 

DMM英会話受講履歴

↑DMM英会話受講の証拠

5ヶ月で2400分のレッスンを経験

 

私のプロフィールにも書きましたが、留学経験はないものの、バックパッカーとしてアメリカ西部地方を旅した経験もあります。

 

そして、本屋で売られている英語の参考書も山のように使いこんできました。

 

英語の本

 

ありとあらゆる英語の勉強手段を経験した上でたどり着いた結論が、英語を勉強するなら英語教材が一番ということです。

 

それではなぜ英語教材が一番なのか、その理由について詳しく説明していきます。

 

基礎から学べるので初心者向け

 

英語の勉強でもっとも難しく脱落者が多いのは、初心者からの第一歩です。

 

このステップを越えるために最適なのが英語教材です。

 

英語教材は、英語の学習方法についての指示や、単語や文法などの解説がしっかりとされているので、初心者でも理解して進めることができます。

 

本屋の参考書と比較をすると、指示や説明の量と丁寧さは全く異なります。

 

英会話学校やオンライン英会話は、いきなり英語で話すという内容のため、基礎を学ぶことは簡単ではありません。

 

そのため、基礎からしっかりと学べるという点では、英語教材がもっとも優れています。

 

復習がしやすいから効果が高い

 

英語教材は現物として、CDやテキストが手元に残るため、いつでも復習することができます。

 

しかし、英会話学校やオンライン英会話は、その場で話すだけであり、その後に現物として手元に残るものが少ないため、復習には適しません。

 

英語は学んだことを暗記したり、感覚として体に定着させるための復習が大切になります。

 

よって、復習がしやすい英語教材は高い効果を得ることができます。

 

コストパフォーマンスが良い

 

英語教材は通常2〜3万円程度で購入することができ、一度購入をすれば、後は使いたい放題です。

 

つまりは、使えば使うほど英語教材のコストパフォーマンスは良くなるわけです。

 

英語は言葉なので大きな進化はないため、もちろん一生使い続けることもできます。

 

このように定額かつ少額で、長期間にわたって英語を学べるのが英語教材です。

 

これとは逆に、英会話学校やオンライン英会話は、使えば使うほどお金がかかります。

 

いわゆる従量課金です。

 

そして、しばらくすれば英語教材の費用を大きく上回っていきます。

 

手軽・自宅で好きな時間に使える

 

英語教材とオンライン英会話に限っては、自宅で手軽に使うことができます。

 

それに対して、英会話学校や留学となれば手軽さは一切ありません。

 

もちろん自宅ではできません。

 

英会話学校であれば、服装を整え、準備をして、わざわざ学校までの往復があり・・・

 

留学であれば、日本を長期間離れられる限られた人しかチャンスはありません。

 

場所と時間を選ばないのが英語教材の強みです。

 

家族で使い回すことができる

 

当然ですが、英会話学校やオンライン英会話、留学となれば本人しか英語を学ぶことができません。

 

しかし、英語教材となれば、1つの教材を家族で使い回すことができます。

 

私には兄弟がいませんが、兄弟で英語教材を共有している友人を見るとうらやましくなります。

 

もし私に弟がいれば、私からたくさんの英語教材を借りられたことでしょう。

 

 

英語教材で英語を勉強するメリットについては以上です。

 

私は、同時期に英語教材と英会話学校、英語教材とオンライン英会話のように並行して使っていたので、なおさら英語教材の良さを実感しました。

 

初心者がいきなり英会話学校へ、オンライン英会話へと考える人もいます。

 

しかし、基礎がない初心者がいきなり英語を話すレッスンをしようとしても、それは無理です。

 

まずは英語教材でしっかりと基礎を学ぶ。

 

それから英会話学校やオンライン英会話で経験を積む、この順番でなければうまくはいきません。

 

そのためにまずは、学びやすさ・コスト・手軽さで優れた英語教材を使って英語の第一歩を踏み出しましょう。

 

私がおすすめする英語教材はコチラ


サイト情報

英語教材ランキング