講師の質をシビアにチェックする

今回は英会話学校についてのかなり批判的な内容になってしまいます。

 

そのため、はじめにその点について了承とお詫びを申し上げておきたいです。

 

英会話学校に通うとなると、外国人講師の質を自分でしっかりと見抜かないといけません。

 

これは英会話だけでなく、何を学ぶにしても教えてもらう人の質が上達に影響してくるものです。

 

しかし、これが英会話となると、英語で講師とコミュニケーションを取ることになるので、日本語で取る場合と比較して講師を評価するのが難しくなります。

 

また、日本人と外国人では仕事に対する感覚も異なるため、なおさら評価が難しくなります。

 

しっかりと意思疎通ができない、文化も感覚も違う、このような理由から講師の質をシビアに評価するのは簡単ではありません。

 

英語を教える講師だからしっかりしているだろう、わざわざ生徒が講師の質を評価する必要もない、と考える楽観的な人もいますが、これは間違いです。

 

日本に住み、日本人に英語を教える外国人講師は、人として優れていたり、指導するプロだから講師をしているわけではなく、講師しか仕事がなかったと考える方が正しいと私は思っています。

 

その理由として、外国人にとって日本人に英語を教える仕事は決して待遇の良い職業ではなく、誰でもなれる職種だからです。

 

英会話学校で講師をする外国人は、ただネイティブスピーカーというだけで、指導経験は全くない、学歴は全くないということがよくあります。

 

本当に優秀な人材は日本語を話すことができたり、特殊な専門スキルがあったりと、日本の大手企業などで待遇の良い仕事をしています。

 

私は外国人の友達を作るために外国人と出会える外人バーというところに行くのですが、そこで知り合った外国人に職業を尋ねると「English teacher」と回答を得ることが最も多いです。

 

※英会話学校だけでなく中学など学校での「English teacher」も含みます。

 

それくらい英語の先生は日本に住む外国人にとって主流な職業になっています。

 

しかし、その裏を返せば、「誰でもなれる、なりやすい職業」ということです。

 

そして、職業は「English teacher」と言う仲良くなった外国人と話を進めていくと、「大学は出てない」「日本に来てこれしか仕事がなかった」なんて言われることも本当によくあります。

 

驚きかもしれませんが、これが事実です。

 

あなたが思うほど相手は講師と呼ぶに値しない人であるのかもしれません。

 

日本は世界でも有数の所得税が高い国なので、特別日本が好きという理由がなければ、基本的に「所得が高い人材」=「優秀な人材」は日本に住むことを好みません。

 

これも日本に優秀な外国人が集まらない理由の1つです。

 

また、日本人と外国人とでは仕事に対する感覚は大きく異なります。

 

それらをふまえ「ダメな講師を見抜く方法8選」として講師の質をシビアにチェックする方法を説明していきます。

 

講師ばかり話してしまう

 

英語を話すために英会話学校に通っているのに、講師ばかりが英語を話して、生徒が聞くばかりになっているのは最悪なレッスンです。

 

生徒が英語を話す機会を意図的に多く作ってくれる講師かをまずはチェックしましょう。

 

自分がレッスンをリードするという意味でよく話す講師もいますが、中にはどうでもいい話ばかりしてしまう講師もいます。

 

私がはじめに教えてもらった某国の男性講師はいつも自分の恋愛トークばかりをしてきました。

 

Japanese girls are too arrogance, superficial・・・
日本の女性は高慢だ、うわべだけの付き合いだ・・・

 

日本人の女性と仲良くはなるものの、その後の付き合いでいつもうまくいかず、講師がそのことばかりを私にグチるレッスンを受けていました。

 

正直言って、私からしたらまったく興味のない内容で練習にもなりませんでした。

 

しかも私はこれに高いお金を払っているわけです。

 

実際にこのようなことがあるものです。

 

考えてみれば当然のことでしょう。

 

外国人講師は、母国を離れ異国の地の日本に来て友達も多くはないはずです。

 

そのため話し相手がいればどうしても自分の話を聞いてもらいたくなる心理は人間みな同じでしょう。

 

決して講師が悪いわけではなく、当然のことなのかもしれません。

 

しかし、講師としてはあなたの英語力アップに大きな貢献はしてくれないので失格です。

 

良い講師は生徒が英語を話す機会を多く作る努力をしてくれます。

 

 

生徒のレベルが分からない

 

講師に指導経験がないゆえに、生徒のレベルを見抜けない、そして誰に対しても同じようなレッスンをしてしまうということがあります。

 

あなたがゴルフをしたことがないのなら、松山選手のスイングを見ても、趣味でゴルフをしているおじさんのスイングを見ても、違いは分からないでしょう。

 

指導経験の浅い講師はこんなものです。

 

もちろん生徒のだいたいのレベルは見抜くことはできるはずですが、現在の英語力を正確に見抜き、そしてどれくらい成長したかを正確に把握し、そのときのレベルに合わせた最適なレッスンを提供できる講師はなかなかいないでしょう。

 

そして、その結果、いかなるレベルの人に対しても同じようなレッスンをしてしまいます。

 

このように生徒のレベルを見抜けない講師は良いレッスンを提供することができません。

 

 

通じるからOKというスタンス

 

英会話学校に通えば、ネイティブが使う英語を学ぶことができる、正確な英語を身につけることができると考える人も多いですが、これも間違いです。

 

多くの外国人講師は生徒の英語を聞いて、「通じるからOK、通じているから不自然な表現でも構わない」というスタンスで、厳しく指導をしてくれることはありません。

 

生徒は「自分は高いお金を払ってネイティブのレッスンを受けている、だから俺の英語はネイティブのようなナチュラルな英語だ!」なんて思っていても、実はそうではない場合がほとんどです。

 

そもそもですが、日本人は世界で見ればまじめな国民性をしています。

 

そのため、日本人の感覚で仕事をまじめにやってくれるだろうと相手に期待するのは間違いだと思います。

 

事実として、私たちだって日本語を話す外国人を見たときに、多少間違いがあっても「日本語うまいですね」というスタンスで接するはずです。

 

多少の間違いをわざわざ指摘する必要はないと判断する人の方が多いと思います。

 

このように「通じるからOK」というレベルでの指導しかできない講師が多いので、この点についてもシビアにチェックをしないと自分の希望どおりの英語を身につけることはできなくなってしまいます。

 

 

テキストを読み上げるだけ

 

講師にとってもっともラクなのは、用意されたテキストを読み上げるだけのレッスンです。

 

生徒と講師が一緒になってテキストに書かれた英語を読み上げていく、このような最低レベルのレッスンをしてしまっている講師も中にはいます。

 

テキストを読み上げるだけなので、予定どおりストレスなくレッスンは進み、その満足感は得られるかもしれませんが、これでは英語力というリターンは得られません。

 

テキストを使ったレッスンでも、講師がいかにそこから引き出せるかが鍵です。

 

テキストに書かれた例文の言い換えを教えてくれる、単語の派生を教えてくれるなど、これが講師の見せ所です。

 

このように良い講師はテキストを読み上げるだけという、講師なしでもできるようなレッスンはしません。

 

 

家でできることをレッスンでやる

 

私自身も家庭教師をしていた経験があるからこそ分かるのですが、家でできることをレッスン中にやらせようとする講師がいます。

 

たとえば、「この問題をやってみて」「10分時間をあげるから考えてみて」というようなことです。

 

そしてその間、自分は生徒の様子を見ているだけ。

 

講師としてはこれほどラクなレッスンはありません。

 

しかし、生徒の立場で考えれば、レッスン中にわざわざ問題を解かなくても、家で解いてレッスンでそれを確認する、教えてもらうということをした方が効率的です。

 

基本的に講師は、講師としての向上心や生徒を上達させようという思いがなければサボろうとするものです。

 

ただの仕事だから給料がもらえればいいとしか考えてない講師ほどこの傾向が強くなります。

 

ですので、レッスンを受ける生徒側が、そういう講師の指導の姿勢に対してストップをかける必要があります。

 

自分が講師をサボらせない姿勢が大切です。

 

講師に申し出ても直してくれない場合は、スクールの運営者や責任者にそう申し出るようにしましょう。

 

高いお金を払ってレッスンを受けているので、家でできることをレッスン中にやる必要は一切ありません。

 

 

出しっぱなしでフォローなし

 

生徒に宿題は出す、しかし、そのフォローはない。

 

このように「出しっ放し」という講師も多くいます。

 

スクールのカリキュラムとして宿題を出すことになっている、宿題を出さなければ学習計画が遅れていくから宿題は出すのでしょう。

 

しかし、そのフォローは面倒だからやりたくない、適当にしかやらない、宿題を出したことさえ忘れているという講師もよくいます。

 

ただ宿題をやるだけでは上達にはつながらず、やった結果をもってフォローを受けて上達につながるものです。

 

このように、フォローの部分がなっていない講師から出された宿題はほぼやり損になってしまいます。

 

フォローまでしっかりとしてくれる講師かどうかをチェックするようにしましょう。

 

 

定刻前にレッスンを終える

 

定刻が19時までのレッスンだとした場合、講師が何時にレッスンを終わろうとするかでその講師の人間性がだいたい分かります。

 

私は家庭教師をしていた経験がありますが、仮に19時までの授業でも、だいたいいつも19時5分や10分まで授業を延長していました。

 

これは自分の生徒に対するサービスの気持ちでした。

 

しかし、私とは反対に、定刻が19時ならば何としてでも19時にレッスンを終えようと時間をうまく調整する講師もいます。

 

レッスンが中途半端な状態でも定刻になれば強制的に終了にしてしまう講師もいます。

 

時間給で働いている、時間外の労働はしたくないという労働者の権利と言われてしまえばそこまでです。

 

しかし、生徒をレッスンの定刻に合わせるのではなく、レッスンを延長してでも生徒に合わせるというスタンスの講師がいるのも事実です。

 

講師が意地でも定刻までにレッスンを終了させようとするのなら、それはやる気のない講師と判断しても私はよいと思います。

 

本当に良い講師はサービス精神旺盛で、キリがいいところまで、生徒が納得するまでレッスンをしてくれます。

 

 

講師の外見に騙されるな

 

ここまでダメな講師の特徴というかスタンスを綴ってきました。

 

それによってダメな講師についてよく理解していただけたかと思います。

 

しかし、このようにダメな講師の特徴を分かっていてもダメな講師につかまってしまうことがあります。

 

それが「講師の外見に騙される」ということです。

 

人は見た目が9割という書籍がヒットしましたが、指導はダメでも見た目が良ければ指導のダメさに気がつけなくなってしまうことがあります。

 

外国人の顔たちはとても良く、まるで俳優や女優かのように感じてしまう講師に出会うこともあります。

 

そして、指導のダメさに気がつけない、気がついても外見だけでその講師を選び続けてしまうという生徒がいるのも事実です。

 

講師の外見は、あなたの英語上達に大きく役立つものではありません。

 

もちろん、講師の外見が好きだからスクールに毎週行くのが楽しみだとか、もっと自由に話せるようになりたいとモチベーションにするのはいいことです。

 

しかし、本当に大切なのは外見よりも指導力です。

 

外見が良い講師よりも指導がうまい講師の方が確実にあなたの英語力アップには役立ってくれます。

 

外見よりも講師の指導力を見るようにしましょう。

 

 

■まとめ

 

講師は講師でも、仕事に対する思い、指導力、誠実さなどは人それぞれです。

 

ここでお伝えした8つのポイントを参考に、講師の質をシビアにチェックしてみてください。

 

そもそもですが、日本人は世界で見ればまじめな国民性をしています。

 

このような日本人の感覚で外国人の講師も仕事をまじめにやってくれるだろうと期待するのは間違いだと思います。

 

もしあなたが外国人相手に日本語を教える仕事をしていたら結構お気楽じゃないですか?

 

生徒は日本語を覚えたくてお金を払って習いに来ているので自発性もやる気もあるわけです。

 

それに対して母国語を話していればOKなのですから気がゆるむのも理解できるでしょう。

 

そうはならないためにも、レッスンの中で満足できないことがあれば講師を試しに替えてほしいとすぐに申し出るようにしましょう。

 

一番は、入学前に講師のチェンジはできるのかということを確認しておくことです。

 

英語でコミュニケーションを取るため、どうしてもシビアに講師の質を評価できないものです。

 

質の高い講師は一握り程度しかいない、これくらいの気持ちで習いにいき、質の高い講師と巡り会えるまではシビアに評価をしていくべきです。

 

質の高いすばらしい講師が見つかれば英語の習得は加速していきます。

 

 

 

次の講義はコチラ:英会話学校で話せても現実では通用しない?

 

英語学習コラムトップページへ戻る


サイト情報

英語教材ランキング