無料のリスニング用素材の注意点

YouTubeやBS放送のABCニュースなどを利用すれば無料でリスニングの勉強をすることができます。

 

私も事実、このような無料のリスニング用素材のヘビーユーザーです。

 

しかし、これらが自分の英語力の上達に貢献してくれていると感じられるようになったのは本当に最近です。

 

特に初心者だったころというのは、ニュースを英語で聞いたりしてもほとんど得るものがありませんでした。

 

考えてみればこれは当然のことです。

 

日本のニュースを私たち日本人が日本語で聞いていても理解できないことがあるはずです。

 

アナウンサーの話すスピードが速い、話の展開が速い、話のテーマが専門的すぎるなどなど。

 

このような理由から、例え日本語で聞いていたとしても理解できないことがあるものです。

 

これを英語で聞くとなると、やはり初心者では太刀打ちできません。

 

当たり前のことですが、無料のものは人の手が加えられていない未加工のものです。

 

英語の勉強用に作られているわけではありません。

 

未加工の生の英語を聞き取れることは目標としては持つべき目標なのですが、初心者がはじめからこれらに挑戦をするのは非現実的だと言えます。

 

まずは、有料の加工されたものを聞くようにしましょう。

 

これは情報が有料というわけではなく、学習用に加工されているので有料という意味です。

 

有料のものは手が加えられているので、初心者でも聞き取れるように、スピードや音量が調整されていたり、しっかりと発音がされていたりという特徴があります。

 

また、聞いて意味の理解できないスラングや、文法的に明らかに間違いだがネイティブスピーカーが使っている表現などもないように作られています。

 

ですので、無料の未加工のものと比較をすれば聞き取りやすいのは間違いありません。

 

また、無料のものは英文のスクリプトや日本語訳がついていないものばかりです。

 

多くの英語上級者が無料の英語学習ツールとして挙げるTED(Technology Entertainment Design:学術などについての英語でのプレゼン)はこの典型例でしょう。

 

英文のスクリプトや日本語訳が不要な上級者からしてみれば、無料でリスニングを鍛えながら有益なプレゼンを聞けるTEDは最強とも言える学習アイテムです。

 

ですが、初心者のうちはただ聞くだけでは理解できず、聞いたものを理解するためにはスクリプトや日本語訳は必要です。

 

手が加えられて学習用として作られているものを聞き取れるようになってから未加工のものへと挑戦をしていきましょう。

 

人は「無料」という言葉が好きです。

 

しかし、無料である理由というのは人の手が加えられていないから無料なのだと思います。

 

「無料」というお金を基準に何で学習をするのか決定をするのは賢い方法ではありません。

 

自分のレベルに合った学習をしていくのが一番です。

 

インターネットやテレビがあればどれだけでも英語の音が無料で手に入る時代です。

 

しかし、それらも結局はどのレベルの人が聞くかに依存していると言って間違いありません。

 

初心者のうちは地に足をつけて有料の聞き取りやすい教材を使って勉強することをおすすめします。

 

初心者におすすめのリスニング用の教材はコチラ


サイト情報

英語教材ランキング