外国人と知り合える場所

今回は外国人と知り合える場所について、私のおすすめのスポットを紹介します。

 

近年では街を歩いていると外国人をよく見かけるようになりました。

 

また、京都や浅草などの観光地に行くと、いろいろな国の人を見かけます。

 

しかし、「友達を作る」という意味ではそれらの場所で勇気を出して声をかけたとしても難しいものです。

 

街で偶然見かけた外国人というのは、声をかけることができても、その時の都合が良いとも限らなければ、ゆっくりと話すことができるとも限りきません。

 

そのため、このようなナンパ的な出会いを外国人の友達作りに求めてもうまくはいかないものです。

 

また、観光地で出会う外国人は旅行でテンションが上がっているので気さくに話してくれますが、一見さんが多いのが事実です。

 

せっかく仲良くなったとしても、「観光でアメリカから来ています(日本には住んでいません)。」「明日の飛行機で帰ります」というようなパターンがほとんどです。

 

つまり、こういう性質の場所以外で外国人が集まる場所がベストプレイスだと言えます。

 

外国人がゆっくりと時間を過ごしていて、しかも一見さんではないこと、この条件を満たすのは外人バーがベストだと私は思います。

 

外国人の友達

外国人の友達

 

上の写真は外人バーで撮影をしたものです。

 

このように外人バーでは、日本に住んでいる外国人が国籍問わず多数集まります。

 

彼らも日本での友達を作るために外人バーに飲みにきている可能性が高いので、話しかけると思う以上に話をしてくれます。

 

しかも、席に座ってゆっくりとお酒を飲んでいることがほとんどなので、ゆっくりと会話をするチャンスがあり、それによってお互いのことをよく知れるので「次も会おう」と約束を取りやすいものです。

 

外人バーにいる人はお酒を飲んでいるため、陽気に話してくれることが多いです。

 

話しかけて無視されたという経験は一度もありません。

 

こちらが勇気を出して話しかければ、必ずそれに応えてくれます。

 

仮に友達になれないとしても、その場で話せるだけでも十分楽しく、そして練習や経験になります。

 

外人バーはいつでも気軽に外国人と知り合える場所なので一度足を運んでみてください。

 

私のおすすめは東京や大阪、名古屋などにある「HUB(ハブ)」というチェーン店の外人バーです。

 

株式会社ハブが店舗の運営していて株式上場もしていますし、飲食代もドリンク一杯400円程度、食事も一品500円程度とリーズナブルで雰囲気もとても良い外人バーです。

 

会員カードを申し込むと全品5%オフで注文することができ、本当に安い値段で飲み食いしながら外国人と話すことができます。

 

曜日や時間帯、店舗によって混み具合や日本人と外国人の比率は異なりますが、金曜日と土曜日の夜がアツイです。

 

また、このHUBという外人バーはブリティッシュパブと呼ばれるもので、英国のバー形式になっています。

 

そのため、注文の仕方など日本とは少し異なる形になるので、このあたりも楽しむことができます。

 

次の講義では外国人の友人を作る別の方法を紹介します。

 

次の講義はコチラ:外国人の友人は友達から紹介してもらう

 

英語学習コラムトップページへ戻る


サイト情報

英語教材ランキング