外国人と仲良くなるには

これまでの講義では、外国人と知り合う方法を紹介してきました。

 

しかし、外国人と知り合っただけではダメで、そこから関係を築いていかなければなりません。

 

つまり、仲良くなる必要があるということです。

 

今回の講義では、知り合った外国人と仲良くなる方法について説明していきます。

 

単純な話ですが、外国人と仲良くなるには「自分と仲良くなるメリットを提示する」という方法がもっとも簡単で確実です。

 

もしあなたが、知らない外国人に声をかけられて「日本語を教えてほしい」と頼まれた場合、特にそれを引き受ける理由もないわけです。

 

しかし、「もし日本語を教えてくれるのであればご飯を毎週ごちそうするよ」と言われたら、ちょっとOKしてもいいと思いませんか?

 

他にも「今度、私の国に一緒に行っていろいろと案内するよ」と言われたら、断る理由がなくなるはずです。

 

このように、あなたも外国人に「自分と仲良くなるとこんなメリットがある」と伝えてみましょう。

 

日本語を教えてあげる

 

日本を案内してあげる

 

おいしいご飯に連れていってあげる

 

車に乗せてあげる

 

日本の文化について教えてあげる

 

邦楽のCDを貸してあげる

 

友達とのパーティーに招待してあげる

 

以上のように私たちからしたら些細なことでも、日本という異国で生活をする外国人にとってはすごく有益なことはたくさんあります。

 

それらを相手に伝えてみましょう。

 

特に、どこかを案内するなど、何かを一緒にする系の提案は相手にとっても自分にとってもプラスになります。

 

相手も楽しめて、その中で自分も英語を話すチャンスがたくさんあるからです。

 

自分だけ英語を教えてもらって得をしようというスタンスは絶対にNGです。

 

このようなスタンスでは短期的にはうまくいくことはあったとしても、長期的には相手から面倒な存在に思われるようになってしまい関係が続きません。

 

相手に得をさせることを考えられれば、相手からあなたと仲良くなりたいと思ってもらえるものです。

 

自分を振り返ると、知り合った外国人にこれまで何度ご飯をごちそうしたか数えられないほどです。

 

私のこの考えを打算的に思う人もいるかもしれません。

 

なぜなら友達と仲良くなるというと、人間性が一番にくると考えるのが普通だからです。

 

しかし、これが「外国人の友人」となれば、言葉ですぐに自分の人間性を伝えることは簡単ではありません。

 

このような理由から、外国人と仲良くなるには第一に「メリットの提示」だと言えます。

 

メリットの提示があってこそ、やっとあなたの人間性を見てもらえることになります。

 

そこではじめて人間性の大切さが必要になります。

 

次の講義はコチラ:外国人と仲良くなるには人間性も大切

 

英語学習コラムトップページへ戻る


サイト情報

英語教材ランキング