英英辞典のリーディングへの効果

使えるリーディングスキルを身につけるには、前回の講義で説明したとおり、まずは英文を戻り読みしないことが必須です。

 

英文を文頭から読み、その意味を理解していくようにしましょう。

 

そして、その次のステップとして、読んだ英文を日本語を介さず英語としてそのまま意味を理解していくことです。

 

これがネイティブスピーカーの感覚であり、私たち日本人が日本語の文章を読むのと同じことです。

 

リーディングの最終目標としては、英語を読んで、日本語に変換することなく意味を理解していく必要があります。

 

日本語に変換して考えていては、スピードの面で英語で考えている人に勝つことはできません。

 

しかし、この原則は知っていてもなかなかこの通りにはできないものです。

 

そこで今回、英語を日本語に変換することなく英文を読むことができるようになるための方法として、英英辞典を活用した学習を紹介します。

 

一般的に英文を読み進める中で、分からないことがあれば、多くの人は英和辞典で意味を調べて解決しているはずです。

 

ですが、英和辞典を開いた瞬間、そこには日本語が並んでいます。

 

そして、せっかく英語を読んでいたのに一時的に日本語の世界に戻ることになってしまいます。

 

しかし、分からないことがあったときに英和辞典ではなく英英辞典を使ったらどうなるでしょうか。

 

英英辞典では分からない単語に対して、英語で意味が書かれています。

 

つまり、リーディングのすべての作業を英語オンリーでできるようになるわけです。

 

これによって、日本語を排除した学習環境ができ、結果として英語を日本語に変換することなく英語で考える練習ができるようになります。

 

このように英英辞典を使えば、強制的に日本語から離れることができてしまうのです。

 

そして、この学習を継続していけば、いずれは無意識にも日本語を介すことなく英語を英語のまま理解できるようになります。

 

ここで1つ不安に感じることがあると思います。

 

それは「英英辞典を英語の初心者が使えるのか?」ということです。

 

私もかつてはそう思っていました。

 

ですが、そう思う人に逆に質問をしたいです。

 

「英英辞典を使ったことがありますか?」と。

 

多くの人が英英辞典と言えば難しく、とてもじゃないけど理解するのは無理だと感じていると思います。

 

しかし、実際には英英辞典にもさまざまなレベルのものがあります。

 

私も以前はこの事実を知らなかったのですが、書店で探してみれば中学生レベルの知識で理解できる英英辞典もあるものです。

 

イラスト付きで平易な英語で説明がなされているものがあります。

 

これらであれば、ほぼすべての人が使うことができるはずです。

 

Amazonで探すと、中身までしっかりと確認できませんが、書店なら中身まですべて確認できるので、初心者は書店で自分でも使うことができる英英辞典を探すことをおすすめします。

 

英語の学習を本気で進めるのであれば、英和辞典は途中で捨て、英英辞典に切り替えましょう。

 

上級者ほど英英辞典を活用している、上達する人は英英辞典を使っていると私は感じます。

 

むしろ、上級者に英英辞典は必須アイテムでしょう。

 

今回はリーディングへの効果として英英辞典を紹介しましたが、リーディング以外のいかなる英語のスキルの学習でも英英辞典は有効です。

 

次の講義はコチラ:リーディングのテクニック

 

英語学習コラムトップページへ戻る


サイト情報

英語教材ランキング