まずは明確な目標を必ず持つ

これから英語の学習をはじめるとき、まずはじめにすることは「明確な目標を持つこと」です。

 

後に説明しますが、どれだけ英語の勉強をしてもネイティブレベルには到達しないものです。

 

つまり、漠然と英語の勉強をしているだけでは一生ゴールには到達しません。

 

自分なりの目標を持つことで、自ら英語学習のゴールを設定するようにしましょう。

 

そして、目標(=ゴール)は具体的で明確なものに必ずしてください。

 

ただ「英語が話せるようになりたい」という漠然としたものではいけません。

 

以下が目標としての具体例です。

 

 

・自己紹介はスラスラ英語で話せるようになりたい

 

自分の生まれ、育ち、趣味、家族についてなど自己開示を英語でできるようになりたい

 

自己紹介を英語ですることで、英語を勉強していることを最低限アピールできるようになりたい

 

 

・外国人の友達と話せるようになりたい

 

いつも会話が止まってしまって迷惑をかけているから、まずは会話が止まらないレベルの会話力を身につけたい

 

今は一緒に1時間いると会話に困るけど、1日一緒にいても会話に困らないくらいの英語力がほしい

 

 

・アメリカ一人旅行をこなせるようになりたい

 

現地で電子辞書が手放せないのを卒業したい

 

英語しか通じない国を旅できるようになりたい

 

英語しか通じない国にいてもコミュニケーションに不自由なく、疲れたと感じないようになりたい

 

 

・英語での商談ができるようになりたい

 

先輩についてもらわなくても一人で商談ができるようになりたい

 

今よりもっと重要度の高い仕事を任されたい

 

 

・TOEICで700点を取って昇進したい

 

TOEICで安定して700点を超えることで昇進や部署異動を狙いたい

 

部署の中で上位3位に入れるスコアがほしい

 

 

このように自分なりの具体的で明確な目標を持つようにしましょう。

 

具体的でも明確でもない目標はいつの間にか忘れてしまい、絶対に実現しません。

 

心から「そうなりたい!」と思ってワクワクするくらい、楽しみで笑ってしまうくらい目標を具体的で明確なものにしましょう。

 

目標を明確にしておけば、自分が何を学ぶべきか、それをどのくらい学ぶべきかが分かります。

 

目標が明確であれば、それを達成したいと強く思うようになり、学習のモチベーションも上がります。

 

目標が明確であれば、今自分は目標に近づいているのかどうかが分かります。

 

そして、大切なことは「できたらいいな」程度の軽い目標ではなく、「絶対にできるようになる」という強い決断を伴った目標を持つことです。

 

この願望の度合いの強弱によって勉強を続けていけるのか、それとも止めてしまうのかが決まります。

 

心理的なことなので、「いやいや、そんなの英語力とは関係ないじゃん」と目標を持つことを軽視する人が多いですが、本当に重要なことです。

 

目標の有無と目標への思いで結果が決まります。

 

ここで説明したように目標が明確になったら、次は目標に期限を設定することです。

 

それについて次の講義で詳しく説明していきます。

 

次の講義はコチラ:英語の目標には必ず期限を設定する

 

英語学習コラムトップページへ戻る


サイト情報

英語教材ランキング