学習によるリターンを常に考える

英語の習得を早くする方法として、学習によるリターンを考えるということはとても大切で効果的です。

 

株式投資やギャンブルはお金を投資してリターンを得ます(私はともにやらないので詳しくありませんが)。

 

そして、このリターンが大きいのか小さいのかを誰もが気にしていることだと思います。

 

理想を言えば、少ない投資金額で大きなリターンを得たいものです。

 

逆に大きな投資金額でリターンが少ないのは最悪です。

 

英語の学習もこれと似た部分があります。

 

私たちは自分の時間やエネルギーを投資して英語力というリターンを得るわけです。

 

つまり、短時間の投資で大きな英語力を手に入れることが理想です。

 

ではどうすれば短時間で大きなリターンを得ることができるかということについて、私が意識していることを説明していきます。

 

 

その学習法は正しいのか、そして効果的か

 

正しくない学習方法で英語を学んでも十分な効果を得ることはできません。

 

ですので、この学習法は正しいのだ、効果があるのだと思うものを実行するべきです。

 

そのための方法としては、英語のプロや英語の実績がある信頼できる人が発信している情報を参考にすることです。

 

魅力的に思えても、「◯◯するだけで英語が話せるようになる」のような怪しい情報を信じてはいけません。

 

 

自分に合った学習を行う

 

人によって合う学習法と合わない学習法があります。

 

音読がいいという人もいれば、文字を目で追わず話す練習をした方がいいという人もいます。

 

見るだけで覚えられる人もいれば、書くことで覚える人もいます。

 

いずれにしても自分に合った学習法がもっともリターンが大きくなるものです。

 

そのためにまずはいろいろな勉強方法を実際に試してみることです。

 

 

学習する題材は使えるものか

 

英語の初心者であれば、初対面の人にする簡単なあいさつなどを学んだ方が実践の場ですぐに使うことができます。

 

ですが、初心者が海外で住居を賃貸で借りるための英語を学んでもなかなか使う機会はありません。

 

つまり、学んだ英語を自分が実際に使う機会に巡り合う可能性が高いのか低いのかを考えることも大切です。

 

使う機会のない英語を学んだところでそれによるリターンはありません。

 

ただの自己満足、時間の無駄で終わってしまうだけです。

 

 

自分のレベルに合った内容か

 

初心者が上級者用の教材を使うこと、上級者が初心者用の教材を使うこと、いずれの場合も得られるものは少なくなります。

 

やはり効果的な学習をするためには、現状の自分のレベルに合った教材を使うことが大切です。

 

難しすぎず簡単すぎずで学習がナチュラルに進んでいくレベルの教材を使うともっとも効果的です。

 

 

以上、4つのポイントを意識すると学習によるリターンを大きくすることができます。

 

常に今自分がしている学習はどの程度のリターンがあるのかを考えるようにすることで効果的な学習ができるようになります。

 

時間もエネルギーも有限なので、英語の勉強の中でも賢い時間の投資先を見つけるようにしましょう。

 

次の講義はコチラ:英語は嫌いになったら終わり

 

英語学習コラムトップページへ戻る


サイト情報

英語教材ランキング